SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘SQL Edge’ Category

SQL Edge で IoT Edge モジュールを開発してストリーム処理を実施する際に参考とした情報

without comments

初めて IoT Hub / IoT Edge を触って、手探りで Raspberry Pi 4 + DHT22 で室温のセンサーデータをストリーミングした際に参考とした情報の箇条書きとなります。

SQL Edge のドキュメントは、Azure SQL Edge (プレビュー) のドキュメント となりますが、検証をするに際しては IoT Hub / IoT Edge についても軽くは知っておく必要がありますので、最低限、次のような情報を確認しておくと良いのではないでしょうか。
(私はこれらの情報が必要でした)

2020/5/29 時点では、IoT Edge モジュールを開発する際に環境を整備すると Threat detected: Trojan:Win32/Zpevdo.A in iotedgehubdev.exe #274 という脅威検知が行われてしまうようで、VS 2019 だけでなく、Visual Studio Code でも同様の現象が発生しました。。。。

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

5月 29th, 2020 at 1:11 am

Posted in SQL Edge

Tagged with

Raspberry Pi 4B に Azure SQL Edge をセットアップする

without comments

Azure SQL Edge が Public Preview となり、広く検証ができるようになりました。

現状の SQL Edge については ARM64/x64 の Linux 版を使用することができ、ARM64 については、Raspberry Pi 4B にもセットアップをすることができます。
(ARM64 の環境がない場合は、x64 の Linux 上にもセットアップすることが可能です。)

以前のバージョンの検証環境はあったのですが、最新化するついでに情報をまとめておこうかと。

私の場合は、Raspberry Pi 4B の 4GB のこのデバイスで動かしていますが、ハードウェア要件については Hardware Support に記載されています。

 image

Hardware Support

Azure SQL Edge requires a 64-bit processor, which can be from Intel, AMD or ARM, with a minimum of one processor and one GB of RAM on the host. While the startup memory footprint of Azure SQL Edge is close to 500 MB, the additional memory is needed for other IoT Edge modules running on the edge device.

最小のメモリ要件は 1GB となっていますので、Raspberry Pi 3 でも動作するのかもしれませんね。(未確認)

Market Place からデプロイする際の概要にもスペックは表示されています。

image

Read the rest of this entry »

Written by Masayuki.Ozawa

5月 20th, 2020 at 11:29 pm

Posted in SQL Edge

Tagged with