SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

PASS Summit 2019 の Day1 キーノート

without comments

本日から PASS Summit 2019 のセッションが開始され、Day1 のキーノートが行われましたのでメモを。
PASS Summit は今年で 21 回目の開催となります。
キーノートは、Ignite の Azure Data: Unmatched price-performance and limitless capabilities wherever your data lives と似たようなタイトルですね。
image
今回は Ignite の数日後に PASS が開催されるという珍しいパターンです。

PASS のスポンサーには、Microsoft ももちろん入っているのですが、プラチナスポンサーとしてAWS が入っているのが興味深いですね。
image
 
 
imageimageimageimage
SQL Server は実行する場所や、接続をする言語の柔軟性があるデータベースとなり、様々なユーザーで使用され、Azure では多数のデータベースが作成されています。
imageimage
SQL Server 2019 の GA のアナウンス。
Intelligence over all your data が一つのメッセージとなっており、すべてのデータを活用するというのが懇切ぷとの一つです。
image[56]imageimage
SQL Database Edge のアナウンス。
300MB のフットプリントで、ARM64 に対応しており、ラズベリーパイでも動作させることが可能な SQL Server のデータベースエンジンとなっています。
PREDICT 関数がサポートされていますので、ONNX フォーマットの機械学習のモデルを SQL Database Edge 内で使用した AI の実装などもできるようになっています。
 
imageimageimageimageimage[109]imageimage
デモはカール・ツァイスのラインでの Edge デバイスの活用について。
SQL Database Edge だけでなく、SQL Server 2019 Big Data Cluster と連携した活用も行われているようです。
SQL Server という一つのデータベースのスキルが様々な場所で活用ができるような時代になってきていますね。
Big Data や Edge デバイスに対しても一つのツール (Azure Data Studio) でデータ操作を行うこともできるようになっており、SandDance を使用したリッチな可視化も可能に。
imageimage
SQL Server 2019 について。
パフォーマンス / 可用性 / セキュリティについて様々な機能が追加されています。
TPC-H の 30 TB でもトップの性能を出しています。
(RHEL の SQL Server 2019 の情報が登録されていました)
image
 
imageimageimage
Conor Cunningham と Bob Ward による SQL Server 2019 のデモ。
この二人のデモは最近の PASS では定番となってきましたね。
ADR により、DB を高速に復旧することができるようになっています。
(ERRORLOG に ADR の有効状態が表示されるんですね。)
Intelligent Query Processing によりクエリの高速化も実現。
imageimage
Big Data Cluster の Case Studyも。
MS のサイトにもいくつかの Big Data Cluster の事例は登録されていますね。

 
imageimageimage
話はクラウドに。
SQL Databas Serverless が GA しました。
SQL Database Hyperscale の最大サイズが 200TB になっていますが、変わったのでしょうか。
Azure には、 SQL Server ベースの環境をコストを抑えて利用する方法がいくつか用意されています。
imageimageimage
Hyperscale は読み取りサーバーの追加により、読み取りワークロードのスケールが可能となっています。
このデモは Inspire で実施されたデモですかね。
image
PostgreSQL の Hyperscale も GA です。
image
H&R Block の事例紹介
Azure の Data Service (Managed Instance / ADF 等) や Azure Dev Ops を活用。
imageimageimage
Hybrid 領域として Azure Arc の紹介です。
Kubernetes 上で稼働するため、動作する場所を「どのクラウドか」も問わずに Azure データサービスを実行することができるようになります。
(現在は、SQLDatabase / PostgreSQL を実行可能)
 
imageimageimageimage
Arc を使用した DB の展開のデモ。
自動パッチングの仕組みも持っています。
imageimageimage
話は Cosmos DB に。
Cosmos DB の特徴とともに、直近のアップデートについて紹介されています。
imageimageimageimageimage
Cosmos DB のデモに。
グローバルレプリケーションもポータルからぽちぽちで設定可能。
Mongo API に Robo 3T で接続も可能です。
imageimageimageimage
Cloud Analytics として Azure Synapse のアナウンス。
TPC-H のベンチマークも良好です。
シングルシステムでデータ分析に必要となる様々な機能を備えています。
imageimage
Data Share が GA
 
image
Data Factry の Data Flow が GA し、Wrangring Flow が Public Preview になりました。
 
imageimageimageimageimageimage
Ignite で実施されていたゲームのキャンペーンのデータ分析のデモですね。
Synapse を使用して様々なデータ分析が行われています。
Synapse はペタバイトクラスのデータに対しても活用できるデータ分析のソリューションとなっています。
 
image
ラズベリーパイで実行されていた SQL Database Edge で部屋の状態がとられていたようですw

Written by Masayuki.Ozawa

11月 7th, 2019 at 3:17 am

Posted in SQL Server

Tagged with

Leave a Reply