SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server のプロトコルのドキュメント

leave a comment

SQL Server とデータの送受信を行う際には「TDS」(Tabular Data Stream Protocol) が使用されていまs。

接続からクエリを実行するまでの流れってどうだったけと思った時には、プロトコルのドキュメントから詳細を確認することができます。

接続までの流れについては、How it works: SQL Serverの接続編 もとても参考になります。

クライアントの接続からクエリ実行までの処理の流れであれば、次のドキュメントから確認できます。

3.1.5 Message Processing Events and Sequencing Rules

接続のタイムアウトについては、クライアントから要求を送っているということについては、TimerAttention から確認できるかと。

.Net Framework Data Provider の接続文字列については、接続文字列の構文 から確認することもできますが、詳細についてはプロトコルのドキュメントからも確認することができるということを、最近気づきました。
(2.2 Keys and Values に詳細が記載されています)

Written by masayuki.ozawa

5月 10th, 2019 at 8:06 am

Posted in SQL Server

Tagged with

Leave a Reply

*