SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

PASS Summit 2018 のキーノートをぺたぺた

leave a comment

Tech Summit 2018 が終わったらすぐに PASS Summit 2018 と、SQL Server の情報のキャッチアップが終わりません…。

ということで、キーノート見ながらペタペタ貼り付けを。

PASS Summit v.20 ということで、20 回目の開催なのですね。
image

キーノートのスピーカーは MS の Rohan Kumar 氏。
image

SQL Server Blog でも同様のタイトルの内容をポストされていますね。
Harness the future with the ultimate hybrid platform for data and AI

Hybrid が一つキーワードとして上がってきてますね。
データがどこに配置されていても一貫したエクスペリエンスを得られることの重要性はありますよね。

imageimage

SQL Server 2008 のサポート期限の終了が迫っているため、データベースのモダナイズを検討する必要もあります。
オンプレミスで最新化 / Managed Instance を使ってクラウドにリフト & シフトするかという選択肢を検討できます。
DMS を使って、サービスによる移行も可能となっています。

image

保有しているデータ資産の近代化。
どこにあるデータも資産として有効に活用できる必要があります。

image

SQL Server 2019 は Preview で提供が開始されており、様々な機能が追加されています。
様々なプラットフォーム / 言語で利用可能になっており、k8s や SCALA からの利用も記載されるようになりましたね。

image

SQL Server 2019 の機能拡張について
Inteligent Query Processing による最適化や、セキュリティ機能の強化として Always Encrypted の機能向上などが。
管理と開発では、ML Services での Java サポートが。
最後はデータ分析の基盤として、BIg Data Cluster による Data Lake のサポートが。

image

CTP 2.1 のアナウンスも来ました。
image

ここで、SQL Server 2019 のデモが。
image

最初は Page Latch が大量に発生しているような状態に。
image

さらっと新しい DMV を使用して情報の確認を。

image

In Memory OLTP を使ってページラッチの解消が。

image

SQL Server2019 のデータ統合のお話に。
PolyBase の新しいコネクタを使用した統合的にデータを使用するためのハブとしての利用は重要な機能の一つとなるようですね。
image

Big Data Cluster のお話。
k8s のコンテナーを利用した大規模データ分析基盤。
SQL Server の Master Instance を介して、k8s 上に構築されたデータ分析基盤を利用することができるようになります。
image

Azure Data Studio (旧 SQL Operation Studio)
計画中のサポートとして、Cosmos DB と、PostgreSQL が新たに追加されていますね。
Notebook を Data Studio で利用できるようになっているため、データサイエンティスト向けのツールとしても進化しています。
image

Big Data Cluster のデモに。
Unified Data Platform として利用することができます。
image

Azure Data Studio は Unified Data Tool として利用でき、HDFS のアクセスや、データのプレビューが可能に
image

NoteBook も使えるようになっています。
このタグクラウド、自分でもデモできるようになりたいですのぅ。
image

データ仮想化により、様々データに SQL Server をインタフェースとして、アクセスできるようになります。
image

ML Services の Java サポート

image

クラウドを使用した近代的な DB
image

移行を行うためのサービスとして DMS があり、クラウドへのモダナイズをサポートしてくれます。
クラウドに移行することで、高いスループットがあり、最新の機能を利用することができ、様々なセキュリティ機能を備えた基盤を利用することができます。

image

SQL Server と互換性の高い MI を利用することもできます。

image

12/1 に MI のハイパフォーマンスなサービスレベルである、Business Critical が GA します。

image

現状 100TB まで DB を利用できる Hyperscale の紹介が。
まだ少ししか触れていないので、どこかで勉強しないと。
image

SQL Database の復旧の高速化と、ML Services の紹介が。
復旧の機能は、最近アナウンスがあったやつですね。
ML Services の SQL Database は昔にアナウンスされたな~とおもっていたのですが、その時は Private Preview だったんですかね。

image

MI と Hyperscale のデモに。

image

IoT Smart Citiy を題材としたデモ。

image

Hyperscale の SQL Database。
現時点は 100TB が上限ですが、無限のストレージのスケールが可能な構成となっているそうです。
image

54TB の DBが。
大量のデータがあっても高速な検索が。
image

ADR (Accelerated Database Recovery) のデモに。
image

image

障害時の復旧が高速に行われていますね。
image

MI の SQL Analytics のデモも。
image

話は、SQL Server 以外に。

image

Cosmos DB の話に。
image

マルチマスターと Cassandra API が GA に。
そういえば、最近 Migration Guide に Cassandra のドキュメントが増えましたね。

image

Cosmos DB に様々な NoSQL が移行できますよというお話。
Cosmos DB が Mongo の API を持っているので Big Data Cluster のデモは助かっています。

image

マルチマスターのデモに。
image

マルチマスターの更新でおなじみのお絵かきアプリ
image

Data Explorer を使用した、CosmosDB の操作
可用性やコンフリクト時の制御、様々な API に対応していることの解説も。
image

モダンなデータウェアハウスの構成。

image

SQL DW の機能拡張についてのアナウンスが。

image

ベンチマーク
DW はデータの格納方法と、向き / 不向きなクエリがあるので「自分の使うデータでどうなるか」は意識しておきたいものですね。
image

SQL DW Gen2 のデモ。

image

image

パートナー紹介。
image

HDInsight 4.0 について。
Big Data Cluster の勉強で、Hadoop を少し勉強したのですが、この辺は全く理解が足りず…。
image

リアルタイムな分析基盤の構成例
ストリーミングデータの取り扱いも覚えないと…。
image

Event Hub fo Kafka の GA のアナウンス
image

ログ分析基盤として利用できる Data Explorer
image

Data Explorer のデモに。
大量データの解析も瞬時に実行できています。
image

image

話は Power BI に。
image

PowerBI の Dataflows のアナウンスが。
image

SSRS レポートの Power BI でのホスティングもアナウンスが。
image

こちらもデモに。
image

この T シャツちょっとほしいですねw
image

Power BI Services 上で SSRS レポートがサポートされていますね。
image

印刷機能もサポート。

image

ページレポートから PowerBI レポートへのリンクもできるようですね。
この辺の機能、試したいのですが一部は Premium の機能となっていたかと思いますので、どういう風に試せばよいかが悩みどころ。
image

AI の話に。
image

Databricks のお話に。
image

こちらもデモに。
image

Databricks を使用した ML の話。
Notebook を使用しながらデータの分析を実施しています。
image

Power BI 以降は時間の関係でかなり駆け足でしたが、たくさんの機能が紹介されたキーノートでした。

Written by masayuki.ozawa

11月 8th, 2018 at 3:21 am

Posted in SQL Server

Tagged with

Leave a Reply

*