SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Database の Database Engine のバージョンを確認する

leave a comment

SQL Database のバージョンを確認する際に「SELECT @@VERSEION」で確認をすることがあるのではないでしょうか。

image

SQL Database v12 になってからは、「12.x」のバージョンを返すようになっており、「SQL Database は、バージョンを確認すると 12 となっていますが、最新の SQL Server と同等のバージョンが使用されています」というような説明をすることがあります。

この見え方は、Managed Instance も同じになるのですが、このバージョンを返しているのは、おそらくフロントになっているゲートウェイのバージョンになるのかと。
MySQL 側には、サポートされている Azure Database for MySQL サーバー バージョン で次のように、記載されているのですが、おそらく仕組みは同じかと。

注意
サービスでは、接続をサーバー インスタンスにリダイレクトするためにゲートウェイが使用されます。 接続が確立すると、MySQL には、MySQL サーバー インスタンスで実行されている実際のバージョンではなく、ゲートウェイに設定されている MySQL のバージョンが表示されます。 MySQL サーバー インスタンスのバージョンを判断するには、MySQL プロンプトで SELECT VERSION(); コマンドを使用します。

SQL Database / MI でデータベースエンジンの正確なバージョンを取得したいと思った場合、SSMS で次のクエリを実行して取得するのが手っ取り早いのかなと。

SET SHOWPLAN_XML ON 
GO
SELECT 1

 

実行すると結果のグリッドに XML のリンクが表示されますので、それをクリックして、実行プランのグラフィカル表示を開いてから、「実行プランの XML の表示」をクリックして、

image

表示された、XML のヘッダ部分の Build を確認すると Database Engine のバージョン情報が確認できるかと。

image

オンプレミスの最新は、SQL Server 2017 の「14.x」なのですが、SQL Database は「15.x」という SQL Server より進んだ次の Database Engine が使用されていることが確認できますね。

MI の場合は、こちら。

image

SQL Database の方が少し進んでいますね。

MI のバックアップが SQL Server 2017 にリストアすることができないのも、この辺のバージョンの違い (MI の方が進んでいる) に起因しているのですが、見方を知っていると面白いかなと。

Written by masayuki.ozawa

9月 6th, 2018 at 9:22 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

Leave a Reply

*