SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

さくらのレンタルサーバー上の WordPress + Windows Live Writer でブログの投稿をできるようにする

leave a comment

2018/6 以降の現象だと思いますが。

Windows Live Writer (Open Live Writer じゃないやつ) で、さくらのレンタルサーバー上に構築しているブログに投稿しようとしたところ、次のようなエラーが発生するようになりました。

—————————
Windows Live Writer
—————————
ログイン中に予期しないエラーが発生しました。

 

ネットワーク接続エラー – ブログへの接続中にエラーが発生しました。

 

https://xxxxxxxxxx/xmlrpc.php

 

基礎になる接続が閉じられました: 送信時に、予期しないエラーが発生しました。
—————————
OK  
—————————

 

image

Openr Live Writer 0.6.0 でも同様の現象が発生し、0.6.2 だと解消しているような現象だったのですよね。

一度投稿したい内容があったので、0.6.2 を使って投稿をしたのですが、解消方法を残しておきたいと思います。

Live Writer は「ファイル」->「バージョン情報」->「ログ ファイルの表示」からログを確認することができるのですが、そこに SSL / TLS 関連のエラーと思われる内容が出力されていました。

最近、何か変わったのかなと思ったら、TLS 1.0/1.1無効化のメンテナンスによる影響 というアナウンスがされていました。

この辺が影響して、Live Writer からアクセスできなくなったみたいですね。
関連情報を探してみたところ NET Framework で TLS1.1 および 1.2 を有効化する方法 がヒットしました。

Live Writer は、昔からのブログのエディターですので、.NET Framework のバージョンが低いのかなと思い、管理者として、実行した PowerShell から次のコマンドを実行して、Live Writer を再起動したところ通信ができるようになりました。
(x64 環境なので、一部項目は、WOW6432Node に対して更新しています。)

New-ItemProperty registry::\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\.NETFramework\v2.0.50727 -Name SystemDefaultTlsVersions -Value 1 -Force
New-Item registry::\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\Schannel\Protocols\TLS1.2\Client -Force
New-ItemProperty registry::\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders\Schannel\Protocols\TLS1.2\Client -Name DisabledByDefault -Value 0 -Force

 

これで当分、Windows Live Writer 使えそうですが、そろそろブログのエディターも何か新しいものを考えないとなと思いました。

Open Live Writer は、コードのハイライトに使用しているプラグインが 0.6.2 の問題で、再編集がうまくいかないという問題があり、移行していなかったのですよね…。

Written by masayuki.ozawa

6月 6th, 2018 at 9:12 pm

Posted in その他

Leave a Reply

*