SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Office 2010 初回起動時の Microsoft Update のダイアログを表示しないようにする

without comments

Office 2010 をインストールした後に何かしらの Office のソフトを起動すると Microsoft Update のダイアログが表示されます。
image

この設定ですが、Windows Update の設定と連携しています。
設定をする前はこのような状態となっています。
image

設定をすることで、Microsoft Update の項目が追加されます。
image

このダイアログですが OK にはシールドアイコンが表示されており、標準のユーザーでは設定をすることができません。
また、最初に設定をしても一般化した Sysprep をすると設定が初期化されてしまうため、マスターの展開をする際などは再設定が必要となってしまいます。

今回の投稿では起動時にこのダイアログを表示させないように設定をしてみたいと思います。

■OCT を使ってカスタマイズ


Office 2010 を起動する際には、初回起動時に

  • ライセンス認証のダイアログ
  • Microsoft Update のダイアログ

の 2 種類が表示されます。

Sysprep をした場合もこれらのダイアログは表示されるため、イメージを使用したクライアント展開をする場合などは考慮する必要があります。

VL 版を使用して Office 2010 をインストールした場合は、ライセンス認証をするには管理者権限が必要となります。
# リテール版の場合は標準ユーザーでライセンス認証ができるようになっています。

image

MAK を使用して Office 2010 を展開する場合は、レジストリを変更して、標準ユーザーでもライセンス認証をできるようにすることを検討する必要があります。
ボリュームライセンス版を使用して標準ユーザーでライセンス認証をできるようにするためにはレジストリを変更する必要があります。
Office 2010 のボリューム ライセンス認証を展開する

リテール版では、UserOperations が 0 に設定されているのがデフォルトの状態となっており、標準ユーザーでもライセンス認証が可能です。

KMS の場合はユーザーが明示的に認証はしませんので、KMS クライアントキーを設定しておき (ボリュームライセンスのデフォルトの状態のはず) KMS ホストが見つかるように設定がされていればライセンス認証は問題ないかと。
Office 2010 のボリューム ライセンス認証のトラブルシュート

Microsoft Update のダイアログに関しては KMS / MAK ともに表示がされます。
こちらに関しては、権限の緩和のための設定が用意されていないため標準ユーザーでは設定ができません。

このダイアログですが、OCT (Office カスタマイズツール) を使用することで非表示にすることができます。

OCT はここからダウンロードすることが可能です。
# 英語版のダウンロードセンターですが日本語の OCT も含まれています。
Office 2010 Administrative Template files (ADM, ADMX/ADML) and Office Customization Tool download

ここからインストールするビットの AdminTemplates をダウンロードし実行してファイルを抽出します。
ファイルを抽出したらインストールするビットの setup.exe が格納されているディレクトリに配置します。
# 以下は x64 の下に配置しています。
image

配置をしたら [setup.exe /admin] を実行して OCT を起動します。
# setup.exe はインストールするビットのディレクトリ内のファイルを使用します。

OCT の基本的な使い方はこちらに。
ヒント: OCT を使用して Office 2010 インストールをカスタマイズする

OCT が起動したら、[機能] の [ユーザー設定の変更] を選択して、[Microsoft Office 2010] → [プライバシー] → [セキュリティ センター] を選択します。
image

この設定の中の、[初回起動時に選択ウィザードを表示しない] が、初回起動時の Microsoft Update のダイアログの表示制御になります。

この設定を有効にすることで、ダイアログを非表示にすることができます。
image

設定をしたら Updates フォルダにファイルを保存します。
image

保存をしたら setup.exe を実行して Office 2010 をインストールします。

OCT でカスタマイズをしていますので、ライセンス認証のダイアログは表示されますが、Microsoft Update のダイアログは表示されなくなります。

OCT で設定している内容に関しては Sysprep 後も有効ですので、イメージ展開した後もダイアログは表示されません。

ただし、この状態では Windows Update で Office の更新プログラムが連携されないと思いますので、注意が必要になるかと。

WSUS を使用している場合は、WSUS 側で Office の更新プログラムを承認していれば連携されてくると思いますが、インターネット経由で Windows Update を使用している場合は、Office の更新に対しての対応を考える必要が出てくるかと。

マスターを展開するときのイメージ作りはなかなか大変ですね。

Written by Masayuki.Ozawa

1月 19th, 2012 at 9:13 pm

Leave a Reply