SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Windows Server 2012 と SQL Server 2008 R2

leave a comment

Windows Server 2012 に SQL Server 2008 R2 をインストールするときのメモです。

Windows 8 / Windows Server 2012 で SQL Server を使用するときの KB として以下の情報があります。
Windows 8 および Windows Server 2012 環境での SQL Server の使用

Windows Server 2012 に SQL Server 2008 R2 をインストールすることは可能ですが、SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 以降が対応となっています。

そのため、セットアップを起動すると以下のようなダイアログが表示されます。
image

以前書いた SQL Server 2008 R2 / 2012 のスリップストリームメディアのシンプルな作成方法 の投稿の内容を使用すると SP や CU のスリップストリーム可能なメディアを作成することができるのですが、この方法では Setup.exe の入れ替えをしていないため、最終的にインストールされた状態では OS に対応したバージョンになるのですが、起動時は NonSP の状態となるためダイアログの表示を抑制することができません。

手動でインストールしている場合には継続してプログラムを実行すればよいのですが無応答セットアップをする場合などはこのダイアログが表示されることでインストールが中断されてしまいます。

この状態を回避するためには統合セットアップメディアを作成する必要があります。
SQL Server 2008 の場合には以下のような技術情報があります。
SQL Server 更新プログラムのスリップストリーム
SQL Server 2008 のインストールを更新またはスリップストリームする方法
SQL Server 2008 および更新プログラムの一括セットアップ (スリップストリーム セットアップ)

SQL Server 2008 R2 も基本的には同じなのですが、技術情報としては以下のものになるようです。
How to slipstream SQL Server 2008 R2 and a SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)

SQL Server 2008 R2 になると [Setup.rll] のコピーがなくなっています。
# ファイルが存在していないためコピーする必要がありません。

作成の手順は MS のブログに書いてありますが、要約すると以下のような流れになります。
今回はインストールメディアをコピーしたディレクトリに SP / CU のセットアップを配置して以下のようなディレクトリ構成としています。
CU と PCU に SP と CU のセットアップを展開した状態にしています。
image

また、x86 / x64 のディレクトリ内の DefaultSetup.ini には CU / PCU 向けのエントリを追加しています。
image

この状態のディレクトリに対して以下のコマンドを実行して、インストールメディア内のセットアップを SP のものに置き換えます。
# IA64 は使っていないので除いています。

robocopy C:SQL2008R2PCU C:SQL2008R2 Setup.exe

robocopy C:SQL2008R2PCUx86 C:SQL2008R2x86 /XF Microsoft.SQL.Chainer.PackageData.dll
robocopy C:SQL2008R2PCUx64 C:SQL2008R2x64 /XF Microsoft.SQL.Chainer.PackageData.dll

 

以上で、統合セットアップメディアの作成は完了です。
この状態のファイル群を使用すると SP が統合されたメディナになりますので、セットアップを起動してもプログラム互換性アシスタントは表示されません。

SQL Server 2008 R2 では .NET Framemwork 3.51 が必要になりますので、オフライン状態でインストールをするためには、事前にメディアから代替ソースパスを使用してインストールをしておく必要が出てきます。
Windows 8 または Windows Server 2012 で NET Framework 3.5 をインストールしようとするとエラー コードが表示される
image

SQL Server 2008 R2 のインストールメディアに .NET Framework 3.5 は含まれていますが、サーバーマネージャー経由か Windows Update 経由でインストールをしないと上記のようなエラーになってしまいますので。

大量展開をする場合は無人セットアップによる作業の効率化が重要になってくるため人手をかけずにインストールするための方法は重要ですね。

Written by masayuki.ozawa

5月 26th, 2013 at 6:34 pm

Leave a Reply

*