SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

System Center App Controller をインストールしてみる

leave a comment

先日、System Center App Controller の Beta が提供開始されました。

System Center App Controller 2012 Beta

App Controller は以前、Concero と呼ばれていた製品で、オンプレミスのクラウド (SCVMM 2012 のクラウド) とパブリックのクラウド (Windows Azure) を一つの製品で管理できるようにする製品です。

今回はこの App Controller のインストールの流れを簡単にまとめてみたいと思います。

オンラインヘルプが以下に公開されています。

Microsoft System Center 2012 Evaluation Resources

■インストールするために必要となる環境


OS に関しては Windows Server 2008 R2 SP1 Standard Edition 以上が必要です。

App Controller を使用するためには、

  • ドメインに参加している
  • SCVMM 2012 の管理コンソールをインストール
    # 投稿を書いている時点では SCVMM 2012 RC の管理コンソールを使用します。
  • SQL Server に接続できる

の環境を整える必要があります。

App Controller はドメイン環境が前提となっているため、スタンドアロンでは構築することができません。
# SCVMM 2012 の管理コンソールがドメイン環境でないとインストールできないのですが。

また、App Controller の設定情報は SQL Server に格納をしておくため、データベースが必要になります。
SQL Server に関しては Express が使用できないため、Standard 以上を用意する必要があります。
バージョンに関しては、2008 / 2008 R2 となっているのですが、SQL Server 2012 CTP3 (Denali CTP3) を使用することもできました。
# 今回は SQL Server 2012 CTP3 を使用しています。

App Controller は IIS を使用しますので、IIS の役割が必要になりますが、これはインストーラーの中で自動で設定がされますので、事前にインストールをしていなくても構成されます。

必要となるコンポーネントの詳細に関しては、System Requirements に記載されています。

 

■App Controller をインストール


それでは、実際に App Controller をインストールしてみます。

App Controller では、SQL Server Agent のジョブを使用していますので、SQL Server Agent は自動起動するように設定しておきます。
image
SQL Server の TCP/IP 接続に関しても有効にしておきます。
image

App Controller は SCVMM 2012 の管理コンソールが必須となります。
image

まずは、SCVMM 2012 の管理コンソールをインストールします。
SCVMM 2012 は RC 版を以下からダウンロードできます。
System Center Virtual Machine Manager 2012 RC– Evaluation

ドメインユーザーでセットアップを実行しないと、以下のエラーが表示され、管理コンソールをインストールすることができません。
image

ドメインに参加し、ドメインユーザーでログインして SCVMM 2012 のセットアップを実行し、VMM コンソールのみインストールします。
# インストールの設定はデフォルトのままで実施しています。image

SCVMM 2012 の管理コンソールのインストールが終了したら App Controller をインストールします。

  1. インストーラーを実行します。
    image
  2. [Install] をクリックします。
    image
  3. [Next] をクリックします。
    image
  4. [I have read ~] を有効にして、[Next] をクリックします。
    image
  5. [Install] をクリックして、IIS をインストールします。
    image
    image
  6. [Next] をクリックします。
    image
  7. サービスアカウントを設定して、[Next] をクリックします。
    今回はデフォルトの設定にしています。
    image
  8. 証明書の設定をして、[Next] をクリックします。
    App Controller は HTTPS での接続となるため、証明書が必須のようです。
    今回は [Generate ~] を選択して、自己署名証明書を使用しています。
    image
  9. 使用する SQL Server の情報を設定し、[Next] をクリックします。
    # 既定のインスタンスを使用する場合は、Port を 1433、Instance name を MSSQLSERVER にします。
    image
    ここでの SQL Server の接続ですが、セットアップを実行しているユーザーが SQL Server に接続できる必要があります。
    セットアップを実行しているユーザーに、sysadmin の権限を付けて、ログインを設定すると、設定を進めることができます。
    image
    sysadmin の権限を付与している場合、サービスの起動アカウントに SQL Server の接続が可能なような設定も合わせて実施してくれるようです。public の権限だけで設定をする場合、master / msdb に個別の権限を付与する必要がありそうです。
    # 個別に db_owner の権限を付与したりという調整が必要そうでした。
  10. [Next] をクリックします。
    image
  11. [Install] をクリックして、インストールを開始します。
    image
    image
  12. [Finish] をクリックします。
    image

以上でインストールは完了です。

インストールが完了すると、スタートメニューに App Controller のメニューが追加されます。
image

[Portal] をクリックすると、App Controller のポータルが開きます。
# 自己署名証明書なのでアクセス時には証明書の警告が表示されます。

App Controller は Silverlight ベースでできていますので、Silverlight がインストールされていない場合は、初回アクセス時にインストールをする必要があります。

Silverlight がインストールされているとログオン画面が表示されます。
image

ユーザー名は [ドメインメインユーザー名] または、UPN を指定してログインをします。
# 初期の状態ではインストールをしたユーザーと、Domain Admins のユーザーがログイン可能です。
image

SQL Server の接続設定以外はさほど引っかかることはなくインストールができると思います。

App Controller は

  • App Controller System Provider
  • App Controller Virtual Machine Manager Provider
  • App Controller Windows Azure Provider

の 3 種類のサービスで構成されているようです。
サービスの起動アカウントを変更したい場合、これらのサービスを変更すれば良さそうですね。
# サービスを変更した場合、SQL Server のログインも設定する必要があると思います。
image

インストール時に指定する [Provider Port] (18622) は各サービスのエンドポイントとして使用されているようです。
App Controller がインストールされたディレクトリ内に各サービスで使用している、アプリケーション構成ファイルがあり、その中の [endpoint address] として、指定したポートが使われているようでした。
image

長くなってしまったので、インストールに関しては一度これで終わりにしたいと思います。

次の投稿で、プライベートクラウド (SCVMM 2012 のクラウド) とパブリッククラウド (Windows Azure) の追加をまとめてみたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

11月 9th, 2011 at 12:18 am

Leave a Reply

*