SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘WDS’ tag

Windows 8 の BitLocker のプロビジョニング機能のメモ

leave a comment

Windows 8 の BitLocker の新機能として、Bitlocker のプロビジョニングがあります。
BitLocker の新機能

Windows Vista と Windows 7 では、システム ボリュームとデータ ボリュームに対する BitLocker のプロビジョニングは、インストール後に、manage-bde コマンド ライン インターフェイスまたはコントロール パネルのユーザー インターフェイスで行う必要がありました。 Windows 8 の BitLocker は、オペレーティング システムのインストール前に、簡単にプロビジョニングすることができます。

Windows 8 では、管理者が、オペレーティング システムの展開前に、Windows プレインストール環境 (WinPE) から BitLocker を有効にできます。 具体的には、フォーマット済みのボリュームに、ランダムに生成されるクリアな保護機能を適用し、Windows セットアップ プロセスの実行前にボリュームを暗号化します。次のセクションで取り上げる “使用済みディスク領域のみを暗号化” するオプションを使った場合、この手順はわずか数秒程度で済むため、日常的な展開プロセスにも容易に組み込むことができます。

OS のインストールが終了してから BitLocker による暗号化をするのではなく、OS インストールの初期段階で暗号化をするという方法になるようです。

この機能ですが、使い方が載っているページが見当たらず、いろいろと情報を探してしまいました。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

1月 27th, 2014 at 8:46 am

Active Directory を必要としない WDS の展開基盤を構築

leave a comment

Windows Server 2008 R2 までの WDS では Active Directory が必要でしたが、Windows Server 2012 以降は [スタンドアロン モード] で構築する場合には Active Directory が不要となりました。

スタンドアロン モードの場合は、

  • WDS
  • DNS
  • DHCP

の 3 つのコンポーネントがあれば、展開環境を作ることができるようになります。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

1月 27th, 2014 at 12:11 am

WDS で展開する Windows Server 2012 のイメージに .NET Framework 3.5 のインストールイメージを含める

leave a comment

以前、Windows 8 / Windows Server 2012 の展開イメージに .NET Framework 3.5 を含める という投稿をしました。
この投稿は、ゲスト OS として展開するためのイメージをオンラインで編集することを想定していたため、以下のようなシナリオではそのまま使うことができませんでした。

  • WDS (Windows 展開サービス) で OS のインストールメディアの install.wim を使用して OS を展開

このシナリオでも利用できるようにしてみたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

8月 16th, 2013 at 8:58 am

Posted in Windows Server

Tagged with ,

Surface Pro に WDS でイメージを展開

leave a comment

PXE Deployment with Surface Pro で紹介されているように Surface Pro に 5 月のファームを適用して、Surface Pro Ethernet Adapter を使用することで PXE ブートを使用した展開ができるようになります。
# 手持ちの USB NIC で試したのですが書かれているように Surface Pro 用の Ethernet Adapter を使わないと駄目でした。

ファームの最新化 + Surface Pro Ethernet Adapter を使用した状態で音量を下げる (Volume Down) ボタンを押したまま電源を入れると PXE ブートすることができるようになります。

PXE ブートができることで WDS (Windows 展開サービス) を使用して Surface Pro にイメージを展開することも可能です。

ちょうど WDS の検証環境を作ってあり、良い機会だったので試してみました。
今回は WDS は Windows Server 2012 R2 Preview / 展開イメージは Windows 8.1 Preview を使用しています。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 6th, 2013 at 12:03 am

Posted in Windows Client

Tagged with ,

WDS でイメージ選択が省略できない場合の対応

leave a comment

WDS では展開用のイメージを複数登録することができます。
image

この際、応答ファイルに使用するイメージを設定することができるのですがその際の注意点を。
フォーラムの WDS not auto selecting install image の情報になります。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 4th, 2013 at 10:35 pm

Posted in Windows Server

Tagged with

WDS で Windows 8 を展開する際に日本語キーボードを設定する

4 comments

Facebook で WDS で Windows 8 を仮想マシンに展開した場合に、応答ファイルで LayeredDriver InputLocale を設定してもキーボードの設定が 101/102 キーボードになると話題があり、ほ~と思ったので試してみました。

今回の環境は Windows Server 2012 の WDS で Windows 8 Enterprise x64の展開を行っています。
また、展開する WIM ファイルに関しては Windows 8 Enterprise x64 のインストールメディア内の install.wim を展開しています。
Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

4月 11th, 2013 at 2:21 pm

Posted in Windows Server

Tagged with

WDS で Windows 7 のイメージ展開時に 1 パーティション構成にする

leave a comment

WDS でイメージを展開した際に 1 パーティション構成でハードディスクを設定するための方法をまとめてみたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

1月 17th, 2012 at 7:49 am

WDS でダウンレベルイメージを応答ファイルを使用して展開

leave a comment

Windows Server 2008 以降の Windows 展開サービス (WDS) ではダウンレベルイメージ (Windows XP 等) を展開することも可能なのですが、GUI で設定ができる応答ファイルに関しては Vista 以降の Unattend.xml の形式のファイルしか選択することができず、XP 等のダウンレベルイメージの応答ファイル (Sysprep.inf) を選択することはできません。

XP の展開をしようとしたときには、応答ファイルは WDS から配布ではなく、Sysprep 時に組み込んでおかないかというとそういうこともなく、ダウンレベル用のファイルの配置をしておくことで応答ファイルを WDS から展開することが可能ですので、今回はこの配置方法についてまとめてみたいと思います。

応答ファイルの配置に関しては TechNet の以下のフォーラムの回答を参考にさせていただいています。
WDS deploy XP with sysprep.inf as the answer file and what is the WDSSysprepTemplate.inf doing?

以下の情報も参考になります。
Windows 展開サービスの更新のステップバイステップ ガイド
配布共有と構成セットとは
Automating Setup

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

10月 5th, 2011 at 7:55 am

Posted in Windows Server

Tagged with

WDS でサーバーのプロパティを変更する際にエラーが発生した場合の対応

leave a comment

Windows 展開サービス (WDS) の確認をしていた際に、サーバーのプロパティを設定していて、[アクセスが拒否されました。] のエラーとなってしまい、プロパティ (具体的には PXE 応答ポリシー) を変更することができませんでした。
# ローカルの Administrators グループに所属している Domain Users のユーザーで操作しています。
image

Domain Admins のユーザーで操作した場合は正常にプロパティを変更することができるので、ドメインのアクセス権が影響していそうということが分かったので、その際に調べてみた内容をメモとして残しておきたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

10月 2nd, 2011 at 9:38 pm

Posted in Windows Server

Tagged with