SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘SQL Server 2014’ tag

SQL Server 2014 SP2 で追加された「DBCC CLONEDATABASE」について

leave a comment

先日リリースされた SQL Server 2014 SP2 ですが、詳細については SQL Server 2014 Service Pack 2 is now Available !!! で記載されているのですが、その中で新しい DBCC コマンドである「DBCC CLONEDATABASE」が追加されているので確認してみました。

詳細については、以下から確認することができます。

DBCC CLONEDATABASE を使用して SQL Server 2014 SP2 のユーザー データベースのスキーマとの統計情報のみコピーを生成する方法

この機能は、現状、SQL Server 2016 でも実装されていないようで、2016 で実行できるようになるのは、今後の累積修正プログラム / サービスパック待ちになりそうですね。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 17th, 2016 at 2:44 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

SQL Server 2014 SP1 がリリースされました

2 comments

SQL Server 2014 Service Pack 1 is now available

ダウンロードはこちらから。
Microsoft® SQL Server® 2014 Service Pack 1 (SP1)

詳細な情報はこちらで。
SQL Server 2014 Service Pack 1 release information

適用することで、日本語環境の 2014 の SSMS でも SQL Database に対して GUI でテーブルを作成できるようになるようですね。
image

SP1 には CU1 ~ CU5 が含まれているようですが、投稿時点では、Non SP の場合、CU6 まで出ているので、CU6 に含まれている修正ついては、SP1 CU1 が出るまで待つ必要がありそうですね。

2015/5/16 追記
再リリースされました。
SQL Server 2014 Service Pack 1 Now Available for Download

Written by masayuki.ozawa

4月 16th, 2015 at 8:21 am

Posted in SQL Server

Tagged with ,

SQL Server 2014 の遅延持続性による WRITELOG 事象への影響

leave a comment

SQL Server 2014 では 遅延持続性 (低速コミット)  の機能が追加されています。
トランザクションの持続性の制御

遅延持続性については全エディションで使用できる機能となっています。
SQL Server 2014 の各エディションがサポートする機能

SQL Server の通常の動作としては WAL (先行ログ書き込み) により、データファイルの書き込みより、ログレコードの書き込みが優先され、トランザクションの変更履歴の確定が優先されることになります。
トランザクションを完了するためには、ログレコードがログバッファからディスクに書き込まれデータが永続化される完全持続性が担保されることが必須となります。
# DDL 系の操作についてはコミット→ロールバックをした場合、ディスクには書き込まれない等の動きがあったはずでこの辺もなかなか奥が深いですが。あと 錦の鬼 って強そうですね。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

6月 17th, 2014 at 6:14 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

SQL Server 2014 の BLOB ストレージへの配置を使用したデータベースのアタッチ

leave a comment

以前、SQL Server 2014 のデータベースのファイルを BLOB に配置する構成について という投稿をしました。
この投稿ではデータベースを作成するパターンで記載したのですが、BLOB ストレージへの配置はデータベースのデタッチ/アタッチ方式でも使用することができます。

今回の投稿ではこの方法をまとめてみたいと思います。

技術情報については レッスン 6: 内部設置型のソース コンピューターから Windows Azure のターゲット コンピューターにデータベースを移行する が参考になります。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

5月 11th, 2014 at 10:18 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

SQL Server 2014 の管理対象バックアップと SQL Server Agent

leave a comment

SQL Server 2014 では管理対象バックアップ (マネージバックアップ) という機能が追加されています。
SQL Server 2012 SP1 CU2 以降では、BLOB ストレージへバックアップを取得することが可能となりました。
SQL Server 2014 ではこの機能が強化され、GUI やメンテナンスプランから設定が可能となりましたが、それに加えて管理対象バックアップという機能が追加されました。
# 以前は Smart Admin Backup といわれていたような。

Windows Azure への SQL Server マネージ バックアップ

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

5月 8th, 2014 at 12:37 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

SQL Server 2014 のダウンロードが可能になりました

leave a comment

本日、SQL Server 2014 のダウンロードが可能になりました。
image

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

4月 2nd, 2014 at 6:12 am

Posted in SQL Server

Tagged with ,

In Memory OLTP のメモリ情報についてのメモ

leave a comment

SQL Server 2014 の In Memory OLTP (メモリ最適化テーブル : Hekaton) ですが、メモリ管理が従来のテーブルとは変わってきます。

In Memory OLTP のメモリ使用量を確認するための情報をメモとして。
CTP2 ベースの内容ですので、RTM 時には変わっているかもしれませんが。

技術文書としてまとまっているのは、How to: Monitor and Troubleshoot Memory Usage でしょうか。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

11月 24th, 2013 at 9:38 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

db tech showcase 東京 2013 のセッション資料を公開しました

leave a comment

本日、db tech showcase 東京 2013 に SQL Server 2014 In-Memory OLTP Overview というセッションで登壇をさせていただきました。

セッションに参加してくださった方にはお伝えさせていただいたのですが、私の資料については、デモスクリプトを含めて http://sdrv.ms/1iMzUqL で公開させていただきました。

資料作っていて「これは時間やばいな」とは思っていたのですが、案の定端折りながらしゃべっても時間配分がアレな感じでかなり駆け足気味になってしまいました…。

当日実行できなかったデモスクリプトも入れてありますので、気になる方は実行してみていただければと思います。

Written by masayuki.ozawa

11月 14th, 2013 at 10:51 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

メモリ最適化テーブルデータ型を使ってみる

leave a comment

SQL Server 2014 の In-Memory OLTP のメモリ最適化テーブルでは一時テーブルを作成来ることはできません。
image

ただし、メモリ最適化テーブルデータ型 (Memory-Optimized Table Type)  を作成することができます。

Transact-SQL によるインメモリ OLTP のサポート
CREATE TYPE (Transact-SQL)
DECLARE @local_variable (Transact-SQL)
Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

11月 10th, 2013 at 3:00 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

[SQL Server 2014 CTP2]自動的な SNAPSHOT 分離レベルへのエスカレーション

leave a comment

メモリ最適化テーブルへのアクセスでは、使用できるトランザクション分離レベル

  • SNAPSHOT
  • REPEATABLE READ
  • SERIALIZABLE

の 3 種類になります。

SQL Server のデフォルトのトランザクション分離レベルは READ COMMITTED になります。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

10月 27th, 2013 at 9:42 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,