SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Miix 2 8 に Windows 10 IP 10122 / 10130 をインストールすると DRIVER_POWER_STATE_FAILURE (9f) で起動しなかった件

leave a comment

2015/7/5 追記

ビルド 10162 の x86 については Inten Power Management IC Device (2013/09/11) をインストールしても正常に起動することができました。
画面の描画のもっさり感がある気がするのですが、「視覚ディスプレイの最適化」で「必要のないアニメーションは無効にします」を有効にすることで多少は緩和できるのかな。

 

件名の通りなのですが、Lenovo の Miix 2 8  (20326) に Windows 10 Insider Preview の 10122、10130 をインストールすると DRIVER_POWER_STATE_FAILURE (9f) で BSOD が発生してしまい、ブルースクリーンで起動しないという現象が発生していました。

ひとつ前のバージョンである 10074 については正常に起動していたのですが、それより上位のバージョンになると BSOD で起動しないという現象が。

デバイスドライバーを組み込まずに OS のインボックスドライバーだけでインストールしたところ正常に起動したので、デバイスドライバーの相性で起動しなかったようでした。

セーフモードでは起動したので、デバイスドライバーの削除をして、起動を試していたところ私の環境では

  • Intel (R) Power Management IC Device (2013/09/11 : 603.9600.2067.23896)

のドライバーが有効だと 起動しないことがある 可能性が高いという形でした。
このドライバーが有効でも起動する場合もあるので正直よくわかりませんでした…。

このドライバーを無効にした場合

  • 電源ボタンのロックが使用できない
  • SD カードを認識しない

という現象が発生しますので、無効にすると動作が微妙になります…。

ThinkPad 10 用のドライバーの方が新しいのですが、これを適用して状況が変わるかは微妙かもですね。
Intel プラットフォーム デバイス ドライバー (Windows 8.1 32bit) – ThinkPad 10

セーフモードでは起動するのでデバドラの相性問題だと思うのですが、アップグレードをすると発生するようになったので悩ましいですね。

現在は、上記のデバイスドライバーを無効の状態にして様子を見ていますが、状況が変わったら再度追記したいと思います。

Windows 8 以降のセーフモードの起動方法はこちらで。
Windows のスタートアップ設定 (セーフ モードなど)

OS が起動しない場合は、OS 起動中に電源を切って再度起動すれば、修復オプションが起動すると思いますので、そちらからセーフモードで起動することが可能です。

Written by masayuki.ozawa

6月 1st, 2015 at 5:05 pm

Posted in その他

Leave a Reply

*