SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

WSUS の手動操作のメモ

leave a comment

Windows Update Services (WSUS) を手動操作する際のメモを。
いろいろと技術情報を見ていたのですがそろそろまとめないと忘れそうなので。

WSUS や Windows Update 経由で更新プログラムを適用する場合、クライアントからは wuauclt.exe から更新要求が実行されるかと思います。

wuauclt でよく使用されるオプションとしては、

  • wuauclt.exe /detectnow
  • wuauclt.exe /reportnow
  • wuauclt.exe /resetauthorization /detectnow

あたりがあるかと思います。

これらの使用方法については WSUS の移行後のタスク / コマンド ラインからの WSUS の管理 を確認するとよいかと。

細かなオプションは解説されていないのですが、wuauclt には以下のようなオプションがあります。

  • /DemoUI
  • /IdleShutdownNow
  • /ShowOptions
  • /ShowCheckForUpdates
  • /ShowWUAutoScan
  • /UpdateNow
  • /SelfUpdateUnmanaged
  • /SelfUpdateManaged
  • /CloseWindowsUpdate
  • /ShowWindowsUpdate
  • /ShowWU
  • /ResetEulas
  • /ResetAuthorization
  • /ShowSettingsDialog
  • /RunHandlerComServer
  • /ReportNow
  • /DetectNow

/UpdateNow を使用すると自動更新を手動で実行することができますが、この辺は Windows Update の設定によるのと、自動更新はバックグラウンドで実行されるため同期実行できないので、あまり使用する機会はないかと思いますが。

 

WSUS ですがグループポリシーで管理するのが一般的かと思います。
# WSUS 2.0 の資料ですが現行の WSUS でもある程度流用できます。
グループ ポリシーを使用して自動更新を構成する

グループポリシーを使用しなくてもレジストリを変更することでワークグループ環境でも WSUS の設定をすることができます。
Active Directory 以外の環境で自動更新を構成する

グループポリシー自体はレジストリ設定で行われている項目が多いと思うので、基本的には [HKEY_LOCAL_MACHINESoftwarePoliciesMicrosoftWindowsWindowsUpdate] 配下を操作するとよいはずですが。

また、wuauclt.exe 等で Windows Update を実行した際のログは [%systemroot%WindowsUpdate.log] に出力がされていますので、ログに関してはこちらを確認するとよいかと。
# プロキシを使用している場合などはどのプロキシの設定を使用しているかも出力されています。netsh winhttp でプロキシを変更した場合は、Windows Update のサービスを再起動する必要があるようですが。

Written by masayuki.ozawa

5月 14th, 2014 at 5:38 pm

Posted in WSUS

Tagged with

Leave a Reply

*