SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Windows 上での Bash 実行についてあとで見るメモ – 初回リリース後 –

leave a comment

Windows 上での Bash 実行についてあとで見るメモ の初回リリース後の情報のメモを

リリース直後に試された方がつぶやかれていた情報については Ubuntu on Windows を試された方のつぶやきピックアップ で少しまとめてみました。
編集可能にしていますので、気づいた情報があればメンテナンスしていただけると幸いですm(_ _)m

MS からのアナウンスとしては、以下になるかと。
14316 のアナウンスと Bash についてのブログが公開されています。

Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14316
Bash on Ubuntu on Windows – Download Now!

最新の情報は、Windows Command Line Tools For DevelopersBash on Ubuntu on Windows から確認することになるのかなと。

フィードバックについては、GitHub の BashOnWindows の issue で実施されているようです。
現状、コマンドプロンプトからインストールする際に設定によっては (コマンドプロンプトのプロパティの「従来のコンソールを使う」が有効になっている) エラーになることがあるのですが、これについても Error: 0x80070057 で登録されていました。

アンインストールについては、Reinstalling clean image #4 に書かれている、lxrun コマンドを「lxrun /uninstall」で実施できました。

ファイルシステムについては「%USERPROFILE%\AppData\Local\lxss\rootfs」に作られていますが、lxss / rootfs については「保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない」の対象となっているようで、直接パスを指定すればアクセスできますが、表示できるようにするためには、フォルダーオプションからこのオプションを無効にする必要があるようです。

Windows Subsystem for Linux (WSL) ということで、twitter のハッシュタグとしては、#WSL でつぶやかれている方が多そうです。

最初のプレビューリリースなのでいろいろと動作しないところがありそうですが、なかなかワクワクする機能ですね。

image

Written by masayuki.ozawa

4月 7th, 2016 at 10:18 pm

Posted in Linux

Tagged with

Leave a Reply

*