SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Surface Pro を購入しました

one comment

先週は MVP Global Summit に参加するためにシアトルに行っていました。
シアトルには Microsoft Store があり、Surface Pro を購入することができたので軽く触ってみた感じなどを書いてみたいと思います。

やはり 128 GB モデルが人気で、シアトルについたときには在庫がなかったのですが、途中で在庫が入ったとの情報が twitter や Facebook に上がったので、セッションの休み時間にとてとて買いに行ってきました。

Surface Pro のスペックについては Microsoft Store のページに記載がされています。
Surface Pro

Surface Pro は OS に Windows 8 Pro x64 がインストールされたタブレットタイプの PC となります。

■付属品


付属品は

  • 本体
  • AC アダプター
  • スタイラスペン

のみとなり、キーボードの類はついていません。
Surface というと Touch Cover や Type Cover といったキーボードが印象的ですが、Touch Cover / Type Cover / AC アダプターに関しては Surface RT のものと同じですので、どちらでも使用することができます。

スタイラスペンは本体にくっつけた状態にすることができるのですが、AC アダプター部のマグネット式のコネクタ部分を使用することになりますので、AC アダプターを接続したまま、スタイラスペンを本体にくっつけておいた状態にすることはできません。持ち運び時に無くさないようにするために本体とつける感じですかね。

またリカバリメディアもついていませんので、リカバリメディアは自分で作成する必要があります。
# この辺は最近の PC と同じでしょうか。

リカバリメディアは Winodws 8 の [回復ドライブの作成] で作成できますので購入した場合には、すぐに作っておくとよいかもしれないですね。Surface Pro の回復ドライブは 8GB の USB メモリ (Surface RT は 4GB の USB メモリ) があれば作成することができます。
PC のリカバリー機能を実行するための回復メディアを作成する方法

私は Surface RT の回復ドライブがうまく作成できなくなったことがあったので持って帰ってきてからすぐに作成しました。

外部出力については Mini Display Port になりますので、外部出力を使用する際にはこの規格を買っておくとよいかと。今は、純正だと VGA 用のアダプターが出ているようです。

スクリーンの Logo ボタン + ボリュームダウン を使用した画面キャプチャは Surface Pro でも同様に使えるようですね。

■ハードウェアスペック等


CPU には Core i5 3317U、メモリは 4GB となります。
以下の画像はリモートデスクトップ経由で取得したものなのでペンとタッチが利用できませんになっていますが、10 ポイントタッチを使用することができます。
image

エクスペリエンス インデックスは以下のような状態です。
image

ディスクに関しては以下のようなパーティション構成です。
image

先頭の 1GB 程度が回復パーティションとブート用に、メインで使えるパーティションが 110 GB 程度となっています。
回復用のパーティションについては 8GB 程度です。

空き領域に関しては 110GB 中 88GB になりますので、128GB のモデルは結構余裕がありますね。
64GB の場合は 24GB の空きとなる形でしょうか。回復用のパーティションを消すことで 32GB は確保できそうですね。

image

 

■OS の言語


起動後の表示言語の設定ですが、以下の 3 種類から選択することができます。

  • 英語
  • スペイン語
  • フランス語

この辺は海外端末の表示言語設定ですね。
地域と言語の設定は日本の設定にすることが可能です。

言語パックの追加はできますので UI を含めて日本語化することが可能です。
image

また、[Unicode 対応ではないプログラムの言語]と [設定のコピー] で一通りの設定を日本語にしています。

imageimage

 

■デバイスドライバ


Surface Pro のデバイスドライバは MS のホームページからダウンロードできるサイトが見つかりませんでした。

Where can I download drivers and new firmware for Surface Pro に他サイトからダウンロードできるサイト (Surface Pro Drivers) が紹介されていますので、メディアから OS をインストールした場合などはこのサイトからダウンロードしたドライバを使うとよいかもしれないですね。

Windows Update 経由で一通りのドライバーは入手できそうですので、無線 LAN のアダプター (Marvell AVASTAR 350N Wireless Network Controller) を把握できているとよいかもしれないですね。
Install Surface and Windows updates

 

タッチ可能な Windows 8 端末は Surface Pro が初めてなので時間を見ていろいろと使っていきたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

2月 24th, 2013 at 11:14 am

Posted in Windows Client

Tagged with

One Response to 'Surface Pro を購入しました'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'Surface Pro を購入しました'.

  1. […] Surface Pro を購入しました で少し書きましたが OS には Windows Pro x64 がインストールされており、海外で購入したものに関しては最初の選択可能言語には日本語は含まれていません。 # Surface Pro の OS は 通常の Windows 8 ですので言語パックを組み込むのは Surface RT よりは難しくないはずですが。 […]

Leave a Reply

*