SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SSMS インストール時の再起動要求はどの辺の情報を見ているのだろう

leave a comment

SSMS のアップグレードを実行しようとして、インストーラーを起動すると次のような、再起動要求の画面が表示されることがあります。

image

検証環境に Windows Update を適用した後に SSMS も一緒にアップグレードしておくかと思って、最新のインストーラーをダウンロードしてセットアップすると、これに遭遇することが多いのですが、どの辺の情報を見て判断しているのかが気になったので軽く見てみました。

確認した範囲では、「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate\Auto Update\RebootRequired」のレジストリキーが存在していると、上記の再起動要求の画面が表示されるようでした。

Windows の再起動要求の判断は How to Check for a Pending Reboot in the Registry (Windows) で記載されているようなレジストリを見ているケースもあり、今回確認できたキー以外で判断されるかもしれませんが、Windows Update 直後の環境で上記の画面が表示されていたので、何となくどの辺の情報を見ているのか確認してみました。

Written by Masayuki.Ozawa

7月 22nd, 2022 at 6:55 pm

Posted in SQL Server

Tagged with

Leave a Reply

Share via
Copy link
Powered by Social Snap