SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Windows Server 2019 で Windows Update のアクティビティ モニターの情報をスクリプトで取得してみる

without comments

Windows 10 や Windows Server 2019 は、「設定」の「更新とセキュリティ」の「配信の最適化」中に「アクティビティ モニター」という項目があります。
image

ここから、Windows Update のダウンロードの状況を確認することができるようになっています。
image
Windows 10 であれば、配信の最適化によって Windows Update の更新プログラムが他の PC からダウンロードされている場合は、「ローカル ネットワーク上の PC から」の項目で確認ができるはずです。

Windows 10 であれば、配信の最適化のコマンドレットからコマンドでアクティビティモニターの情報を取得することができます。
image
Windows Sever 2019 については、配信の最適化が含まれていないため、これらのコマンドレットを使用することができません。
Windows Server 2019 の場合は、Local System のアカウント内のレジストリに格納されているようで、次のようなコマンドで状況を確認できそうです。
(Windows 10 の場合は  「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\DeliveryOptimization\Usage」からも情報を取得できます)

$ret = Get-ItemProperty registry::HKEY_USERS\S-1-5-20\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\DeliveryOptimization\Usage
foreach($item in (Get-Item registry::HKEY_USERS\S-1-5-20\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\DeliveryOptimization\Usage).GetValueNames()){
    Write-Host ("{0,-50} : {1:#,##0}" -f $item, (Get-ItemProperty registry::HKEY_USERS\S-1-5-20\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\DeliveryOptimization\Usage -Name $item).$item)
}

 
image
平均ダウンロード速度は「DownloadMonthlyRateFrBps」あたりが表示されているようですが、この値はバイトとなっており、GUI で表示した場合は Mbps に変換して表示をしているようです。
サーバー OS の場合はどの情報を参照しているのかが気になったので調べてみた小ネタでした。

Written by Masayuki.Ozawa

3月 4th, 2020 at 12:13 am

Posted in Windows Server

Tagged with

Leave a Reply