SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server の 拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) についての関連情報

leave a comment

SQL Server 2008 / R2 の サポート終了による「拡張セキュリティ更新プログラム : Extended Security Update (ESU)」の提供に伴い、様々なアナウンスや情報が公開されています。

情報がかなり散在していますので、各機能を確認する前に全体的にまとめてみました。

Azure Backup の SQL Server 2008 / R2 サポート (プレビュー)

Azure VM 上の SQL Server では、ESU は無償で提供を受けることができ、Azure 上で利用する場合、バックアップに関しては、Azure の機能を利用したいということもあるのではないでしょうか。

Windows Server 2008 R2 SP1 上で動作する、SQL Server 2008 / R2 で、Azure Backup による SQL Server のデータベースバックアップがサポートされるようになり、古い SQL Server でもバックアップ運用の利便性を向上することができるようになりました。 (2019/7/ 13 時点ではプレビュー)

情報

 

SQL Server IaaS Agent 拡張機能

Azure VM 上で SQL Server を利用する場合、ライセンスモデルとしては PAYG (従量課金) と、Azure ハイブリッド特典 (AHUB) を選択することができます。
(BYOL は AHUB の利用形態に含まれるため、BYOL を使用する場合は AHUB を指定する)

従来までは、MarketPlace から、PAYG か、BYOL のイメージのいずれかを使用して、ライセンスモデルを指定していたのですが、2019/1 から SQL VM リソースプロバイダーを使用することでライセンスモデルが変更できるようになりました

今までは Windows Server 2012 以降、かつ SQL Server 2012 以降でしか、ライセンスモデルを変更することができなかったのですが、次のような改善が行われています。

  • SQL Server 2008 / R2 をサポート
  • Windows Server 2008 / R2 をサポート
  • ライセンスモデルの変更に必要となる SQL Server IaaS Agent も実行モードを 3 種類から選択

また、SQL VM リソースプロバイダーをインストールした VM については、「SQL virtual machines」というブレードで管理できるようになっています。

今後、数週間以内に「Azure SQL」というブレードが新規に公開され、Azure SQL VM を含む、Azure SQL の様々な環境を統合的に管理できるようになるとのことです。

情報

 

拡張セキュリティ更新プログラム : Extended Security Update (ESU)

SQL Server 2008 / R2 のサポート期間は終了しましたが、Azure VM 上、または、ESU サブスクリプションを有償で購入することで、セキュリティ更新プログラムを 3 年間、延長して受け取ることができるようになります。
(セキュリティ更新プログラムの延長提供期間の中で、新しい環境に移行させるという延命措置)

ESU を受け取るための情報がサポート終了に合わせて公開されました。
ESU は「最新のサービスパック」(SQL Server 2008 : SP4 / SQL Server 2008 R2 : SP3) 向けの更新プログラムの提供ですので、ESU を利用する際には、サービスパックの最新化だけは検討しておく必要がありますので注意してください。

ESU による修正プログラムの提供は、Azure の SQL レジストリというリソースを使用するか、Azure Automation で更新プログラムの管理を行う必要があり、その利用方法が記載されています。

Written by masayuki.ozawa

7月 13th, 2019 at 4:54 pm

Leave a Reply

*