SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘Surface RT’ tag

Surface RT で Windows RT 8 と Windows RT 8.1 を共存させることはできる??

leave a comment

Windows RT の回復ドライブ を作成されていない方、Surface RT のリカバリーの方法がわからない方は絶対に実施しないでください。これらの知識がないとリストアすることができなくなります。

BCD の変更やパーティション構成を変えているので、最悪起動しなくなる / 本体のリカバリー領域からリストアできなくなるということが考えられますので試される方は 自己責任 でお願いいたします。

また、回復ドライブの USB としては、

  • Windows RT 8
  • Windows RT 8.1

の両方を持っていたほうが良いです。
# Windows RT 8 ようのものだけあれば本投稿の内容は試せるのですが。

Windows RT では 8 → 8.1 にアップグレードをすると、リカバリー領域のイメージについても書き換わっているため、アップグレードをするとアップグレード前のバージョンには戻せなくなります。

今回は Winodws RT 8.1 を起点として作業をしてみたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

10月 19th, 2013 at 2:46 pm

Posted in Windows RT

Tagged with ,

Surface RT の 6 月のファーム更新で試行錯誤してみた

leave a comment

Surface RT の 6 月のファーム更新で、Function (Fn) キーを使用したショートカットの拡張がされています。
Surface RT update history
# Surface Pro update history だと、Pro の方はまだなんですかね。

どのようなショートカットが使えるかは The latest updates and improvements to Surface に。

Windows Update で [システム ファームウェアの更新 – 2013/06/11] が適用されたのでショートカットの拡張が使用できるか試してみたところうまく使用することができませんでした。
image

同じ現象についてだるやなぎさんの Surface RT: June 2013 updates でも紹介されていました。
私だけではないみたいですね。

試行錯誤して最終的には使えるようになったのですが、その時のメモをまとめてみたいと思います。
ファームのファイルを削除する方法を実施していますので、実施される際は自己責任でお願いいたします。
Surface RT はインボックスドライバのみで動作するのが基本なので、変に削除をすると工場出荷時の状態に戻さない限りドライバが復元できない可能性があります。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

6月 16th, 2013 at 8:35 pm

Posted in Windows Client,Windows RT

Tagged with

Surface RT と Azure の VMs で RemoteApp

leave a comment

以前、Surface RT で SSMS を使ってみる という投稿をしました。

Surface RT は RemotApp は [RemoteApp とデスクトップ接続] を使用することができます。

以前の投稿では RDP ファイルを書き換えて RemoteApp を使用していましたが今回の投稿では Azure の VMs に RemoteApp の環境を作って Surface RT からアクセスしてみたいと思います。
この投稿の内容は Surface RT (Windows RT) だけでなく、Windows 7 /8 でも利用することができます。

今回はライセンスサーバーを用いていませんので 120 日の評価環境 での利用となります。

今回は Windows Azure の Virtual Machines の S インスタンス 2 台 (AD DS 用 / RemoteApp 用) を使用して RemoteApp の環境を作成しています。
Windows Server 2012 のイメージを使用しているのですが、AD DS と RemoteApp の共存はサポートされていないようでしたので。
Remote Desktop Services role cannot co-exist with AD DS role on Windows Server 2012
実際に、共存させようとしたところ以下の現象と同じエラーになってしまったのですが、回避することができませんでした。
Remote Desktop Management Service, Service-specific error %%2284126209
そのため、今回はAD DS 用と RempteApp 用の VM を分けて構築しています。

なお、ベースとなる OS はギャラリーから展開した Windows Server 2012 に日本語の言語パックをインストールして日本語環境として設定したものを使用しています。

また、今回の投稿では Azure の Virtual Network を使用していますが、その個所に関しては触れていません。
# インスタンス間が通信できればよいので使わないでもよいのかもしれませんが。

Azure の Virtual Network に関しては以下の技術文書を読んでおくとよいかと思います。
Create a Virtual Network in Windows Azure
Install a new Active Directory forest in Windows Azure

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

3月 25th, 2013 at 12:03 am