SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Data Warehouse で照合順序のサポートが強化されていたようです

leave a comment

今日、Stretch Database を設定していて気付いたのですが、SQL Data Warehoues で照合順序のサポートが強化されたようです。
# Stretch Database も裏は SQL Data Warehouse ですので。

Database collation support for Azure SQL Data Warehouse

How can we improve Microsoft Azure SQL Data Warehouse ? から始まった感じなのですかね。

リリース当初は「SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS 」のみがサポートされていたかと思いますが、今の SQL DWH では、データベースの作成時に照合順序を指定できるようになっています。
image

作成時にのみ指定できる感じのようですね。
CREATE DATABASE (Azure SQL Data Warehouse)

GitHub のヘルプを見ていると、日本語版のヘルプについては、9/6 に照合順序の記載が行われたようですので、GA したタイミングあたりで変更が行われていたのかもしれないですね。

https://github.com/Microsoft/azure-docs.ja-jp/blob/eb07bb4e69244d8b736d7b94764d71d338d935e0/articles/sql-data-warehouse/sql-data-warehouse-get-started-provision.md

https://github.com/Microsoft/azure-docs.ja-jp/blob/0656663c06d30a66b4db797029d47cfb3e111ed2/articles/sql-data-warehouse/sql-data-warehouse-get-started-provision.md

この変更で、SQL Server 2016 の Stretch Database が適用できるデータベースの照合順序の制約も緩和されましたので、利用がはかどるのではないかと。

Written by masayuki.ozawa

11月 16th, 2016 at 10:24 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

Leave a Reply

*