SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server 2016 における TF1117 と TF1118

leave a comment

SQL Server 2016 では、tempdb に関しては TF1117 / 1118 がで有効になっており、ユーザーデータベースに関しては、データベースレベルの構成で設定ができるようになりました。

これについては、SQL Server 2016: Changes in default behavior for autogrow and allocations for tempdb and user databases でも紹介されています。

SQL Server 2016 での注意点としては、「1117 と 1118 はトレースフラグによる設定の適用ができなくなっている」ということでしょうか。

これについては、データベース エンジンの新機能 にも記載されています。

  • 自動拡張オプション: トレース フラグ 1117 が ALTER DATABASE の AUTOGROW_SINGLE_FILE および AUTOGROW_ALL_FILES オプションに置き換えられ、トレース フラグ 1117 の効力はなくなりました。 詳細については、「ALTER DATABASE の File および Filegroup オプション (Transact-SQL)」および sys.filegroups (Transact-SQL) の新しい is_autogrow_all_files 列をご覧ください。
  • 混合エクステントの割り当て: ユーザー データベースの場合、オブジェクトの最初の 8 ページの既定の割り当てで、混合ページ エクステントではなく単一エクステントが使用されるようになります。 トレース フラグ 1118 は ALTER DATABASE の SET MIXED_PAGE_ALLOCATION オプションに置き換えられ、トレース フラグ 1118 の効力はなくなりました。 詳細については、「ALTER DATABASE の SET オプション (Transact-SQL)」および sys.databases (Transact-SQL) の新しい is_mixed_page_allocation_on 列をご覧ください。

1117 と 1118 は効力が無効になっているため、SQL Server 2016 ではそれぞれの設定はデータベースレベルで設定する必要があります。

両方とも ALTER DATABASE を使用した設定となりますが、1117 についてはファイルグループに対して設定、1118 についてはデータベースに対しての設定となります。

-- -T1117
ALTER DATABASE [TESTDB1] MODIFY FILEGROUP [PRIMARY] AUTOGROW_ALL_FILES 
GO
-- -T1118
ALTER DATABASE [TESTDB1] SET MIXED_PAGE_ALLOCATION ON
GO

 

1117 についてはファイルグループ単位の設定となりますので、複数のファイルグループを使用している場合は、各ファイルグループに設定する必要があるのが注意点でしょうか。

Written by masayuki.ozawa

9月 24th, 2016 at 7:51 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

Leave a Reply

*