SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Windows 10 の UWF で HKCU を永続化する

leave a comment

Winodws 10 Enterprise や Education では、統合書き込みフィルター (Unified Write Filter (UWF)) について で紹介されている UWF が使用することができます。

初期の状態では機能として有効になっていないため、以下のコマンドで有効にすることができます。

dism /online /enable-feature /featureName:Client-UnifiedWriteFilter

 

UWF については、Unified Write Filter (UWF) feature に記載されており、除外対象として設定できないものも記載されています。

Important 
You cannot add exclusions for the following items:

• \Windows\System32\DEFAULT

• \Windows\System32\SAM

• \Windows\System32\SECURITY

• \Windows\System32\SOFTWARE

• \Windows\System32\SYSTEM

• \Users\<User Name>\NTUSER.DAT

You also cannot add exclusions for the following items:

• The volume root. For example, C: or D:.

• The \Windows folder on the system volume.

• The \Windows\System32 folder on the system volume.

• The \Windows\System32\Drivers folder on the system volume.

• Paging files.

However, you can exclude subdirectories and files under these items.

HKCU の実体である「NTUSER.DAT」に関しては除外できない項目として指定されており,UWF の管理ツールである uwfmgr で設定できるレジストリの除外については、HKLM 配下が対象となっているようで、HKCU の除外設定をすることができません。

HKCU の特定の設定のみを永続化するということは UWF では難しいかと思いますが、設定全体を永続化するのであれば、シャットダウンスクリプト等で、終了時に NTUSER.DAT をコミットすることで対応ができそうです。

uwfmgr file commit c:\Users\testuser\NTUSER.dat

すべての設定が永続化できているというものではなさそうですが、基本的なユーザー設定を永続化したいという場合には利用できそうです。

Written by masayuki.ozawa

9月 22nd, 2016 at 6:00 pm

Posted in Windows Client

Tagged with

Leave a Reply

*