SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Database v12 や SQL Server 2014 以降で「クエリの進捗どうですか」を取得してみる

leave a comment

件名の通りですが、SQL Database v12 や SQL Server 2014 以降では、「クエリの進捗どうですか (クエリの進行状況)」 を取得するための DMV が使用できるようになっています。

あまり知られていない DMV のような気がしたので、紹介してみたいと思います。

SQL Server 2016 ベースのデータベースエンジンのサーバーであれば「ライブクエリ統計」の機能を使用することで、クエリの進行状況を取得することができます。

この機能自体は、SQL Server 2016 の SSMS から使用できるものとなりますが、対象は SQL Server 2014 以降となっており、SQL Server 2014 でも使用することができます。

この理由が、「sys.dm_exec_query_profiles」という動的管理ビューのサポート状況になります。

この動的管理ビューは「SET STATISTICS PROFILE ON」または、「SET STATISTICS XML ON」のどちらかが有効になっている場合に、有効にしたクエリの進行状況を取得することが可能となります。
この条件は、「利用状況モニター」からクエリの実行状況を確認する場合と同じですね。

今回は SQL Database v12 で以下のクエリを実行した際の実行状況を確認してみます。

SET STATISTICS PROFILE ON
ALTER TABLE PARTSUPP REBUILD

インデックスの再構築を実行するクエリですが、クエリの最初に「STATISITCS PROFILE ON」を実行し、その後に、インデックスの再構築を実行しています。

このクエリが実行されている状態で、以下のクエリを実行して、クエリの進行状況を取得することができます。

SELECT 
	qp.session_id, 
	qp.request_id, 
	t.text,
	--p.query_plan,
	ot.task_state,
	qp.physical_operator_name, 
	qp.node_id, 
	qp.thread_id, 
	qp.row_count,
	qp.estimate_row_count,
	CASE row_count
		WHEN 0 THEN 0.0
		ELSE convert(float,qp.row_count) / qp.estimate_row_count * 100.0
	END as progress
FROM
	sys.dm_exec_query_profiles qp
	CROSS APPLY
	sys.dm_exec_sql_text (sql_handle) t
	CROSS APPLY
	sys.dm_exec_query_plan(plan_handle) p
	LEFT JOIN
	sys.dm_os_tasks ot
ON
	qp.task_address = ot.task_address
ORDER BY
	session_id, request_id, node_id, thread_id

 

以下の画像は、実行中のクエリの状態を取得したものとなるのですが「progress」が進んでいることが確認できるかと。

Retry4

オンライン系のショートトランザクションで取得を行った場合には、頻繁に情報を取得することのオーバーヘッドがあるかと思いますので、利用することはないかと思いますが、バッチ系の一回の実行が長いクエリでこの機能が利用できるようにクエリ実行をしておくと、進捗が確認でき、便利かと思います。

インデックスの再構築についても再構築の処理の状態が取得できますので、便利かと。

Written by masayuki.ozawa

6月 6th, 2016 at 9:14 pm

Leave a Reply

*