SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

非対称ストレージを使用したクォーラムの設定

leave a comment

今まで設定したことがなかったのですが、Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2 SP1 に以下の Htofix を適用した環境では、クラスターで非対称ストレージ (非対称ディスク) を使用することができます。

2012 以降ではデフォルトで利用できるようですね。

Hotfix to add support for asymmetric storages to the Failover Cluster Management MMC snap-in for a failover cluster that is running Windows Server 2008 or Windows Server 2008 R2

軽く試してみた内容をまとめてみたいと思います。
ドキュメントとしては、以下が参考になります。
WSFC クォーラム モードと投票の構成 (SQL Server)
Building a High Availability and Disaster Recovery Solution by Using Failover Cluster Instances and Availability Groups
Configure and Manage the Quorum in a Windows Server 2012 Failover Cluster
Failover Cluster Step-by-Step Guide: Configuring the Quorum in a Failover Cluster
SQL Server HA and DR Design Patterns, Architectures, and Best Practices Using Microsoft SQL Server 2012 AlwaysOn

従来までの WSFC では各ノードで同一の共有ストレージ (対象ストレージ) に接続できる必要がありました。

image

これに対して、非対称ストレージは、各ノードが異なるディスクに接続した状態でクラスターを稼働させることができます。

image

遠隔地にクラスターを構築する際のクォーラムの構成として、非対称ストレージを使用することができます。
今回は、以下のような環境を作成しています。

image

ノード 1 に対しては、iSCSI でディスクを接続していますが、ノード 2 に関しては共有ディスクを接続していない状態となります。
この環境で共有ストレージをクォーラムとして設定をしてみます。

クラスタークォーラムは、コアクラスターリソース内のリソースとなりますので、最初に「ノード1」に

  • コアクラスターリソース
  • 使用可能記憶域

を移動した状態にし、ディスクに関しては「ノード 1」上でオンラインにした状態にしています。

imageimage

今回のディスクは、クラスター内のノードである「ノード 2」からアクセスすることができない、「非対称ストレージ」となっています。

Windows Server 2012 R2 では、非対称ストレージを使用するノードにリソースが移動されていれば、通常の方法で、ディスクのクォーラムを設定することができます。

image

GUI から設定を実施した場合、ディスクおよびノード監視が使用されている状態となります。

Get-ClusterQuorum;Get-ClusterNode | ft name,NodeWeight,DynamicWeight -AutoSize

image

また、クォーラムで使用しているディスクの所有者ですが、非対称ストレージにアクセスできないノードも所有者として設定されている状態となっています。

Get-ClusterResource "Quorum" | Get-ClusterOwnerNode

image

ですので、クォーラムとして非対称ストレージを使用する場合、

  • クラスターの投票数の調整
  • 非対称ストレージの所有者の調整

は意識しておいた方がよさそうですね。

今回は以下のような形で上記の調整を行っています。

# 今回の場合は 2 ノードですのでディスククォーラムにするのが正しい気がしますが、簡易の構成ですので、本来、非対称ストレージをクォーラムとして使用する構成である、3 ノードでの設定を想定しています。

(Get-ClusterNode WSFC-TEST-02).NodeWeight = 0
Get-ClusterResource "Quorum" | Set-ClusterOwnerNode -Owners WSFC-TEST-01

 

この状態になると、ノード 2 では、クォーラムで使用しているディスクの所有権がないため、コアクラスターリソースをノード 2 でオンラインにできなくなります。

非対称ストレージを使用していないノードでクラスターを起動したい場合には、ノード 2 でクラスターをクォーラムを使用せずに強制起動します。

Start-ClusterNode $ENV:COMPUTERNAME -ForceQuorum

 

クラスターが起動したらクォーラムの設定をなし (または、待機系のノードに適したクォーラム) に設定します。

Set-ClusterQuorum -NoWitness

 

これで、待機系のノードでクラスターが起動できるようになります。

WSFC のノードを遠隔地に作成する場合などの参考に。

Written by masayuki.ozawa

3月 19th, 2016 at 8:49 pm

Leave a Reply

*