SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Windows Server 2016 TP4 用の UEFI インストール用の USB の作成

leave a comment

前回の投稿で書いた、Intel NUC ですが、UEFI での起動ができますので、Windows Server 2016 TP4 を UEFI でインストールすることも可能です。

UEFI の有効化は Virtual TPM を試す がとても参考になります。

実際にインストールした際の注意点を少しまとめてみたいと思います。

今回は日本語の Windows Server 2016 TP4 を使用しているのですが、このメディアは「Install.wim」が 4G を超えています。
image

 

UEFI でブートするための USB ですが、NTFS ではなく FAT32 でフォーマットしておく必要があるため、一ファイルの最大サイズが 4GB の制約が出てくるかと思います。
# BIOS のブート用 USB も一緒だと思いますが。私の環境だと、exFAT で UEFI ブートがうまくできなかったのですよね。

そのため、Install.wim を USB に配置しようとすると、ファイルサイズの制限でコピーをすることができません。
そこで、USB のメディアを作る際には分割された WIM ファイルを (.swm) 利用するとよいかと。
Windows イメージ ファイル (.wim) を複数の DVD にまたがるように分割する

Windows 7 / 8.1 / 10 だとサポートされていないということになっていたはずですが、2016 TP4 については、分割 WIM でインストールできました。

はじめにメディアを格納する USB を準備します。

list disk
select disk xxx
clean
convert gpt
create part primary
format fs=FAT32 quick
exit
bootsect /nt60 D:

 

次に TP4 のインストールメディアから install.wim を除いて、ファイルをコピーします。

copy-item F:\* D:\ -Exclude "install.wim" -Recurse -Verbose

 

最後に分割 wim を作成して、それを USB の sources に配置します。

Dism.exe /Split-Image /ImageFile:F:\sources\install.wim /SWMFile:D:\sources\install.swm /FileSize:4096

これで、UEFI 向けのインストールメディアを USB に作成することができます。

Written by masayuki.ozawa

12月 29th, 2015 at 3:03 pm

Leave a Reply

*