SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Database 向け SSMS 用カスタムレポートを作ってみる

leave a comment

先日、SSMS 用のカスタムレポートを作ってみる で SQL Server 向けのカスタムレポートを投稿しましたが、SQL Database 向けについても公開してみました。

SQL Database の場合は、SQL Server と異なり、インスタンスレベルではなく、データベースレベルで取得する情報が多くなりますので、現状はインスタンスレベルの情報はほぼ取得していません。
# いくつかインスタンスレベルでとれる情報があるはずですが、これは今後の改善として。

構成としては以下のような形になっています。

imageimage

2015/8/16 時点のカスタムレポートでは以下の情報を表示できるようにしています。

  • インスタンス基本情報
    • データベース情報
      • リソース使用状況
      • 待ち事象 (OS)
      • 待ち事象 (DB)
    • データベースファイル情報
      • ファイル I/O
    • キャッシュ情報
      • キャッシュヒット状況
      • メモリ仕様状況
      • データキャッシュ
      • プランキャッシュ
  • クエリ情報 (TOP 100)
    • 実行回数の高いクエリ
    • 平均 CPU 時間の高いクエリ
    • 平均実行時間の高いクエリ
    • 平均読み取り回数の高いクエリ
    • 平均書き込み回数の高いクエリ
    • 類似クエリ
  • インデックス情報
    • インデックス使用状況
    • 欠落しているインデックス

 

現状は、標準で取得できる項目を元にダッシュボード化しているため、時系列データの取得がほとんどできていないのですが、この辺りも少しずつ改善していきたいですね。

Written by masayuki.ozawa

8月 16th, 2015 at 11:00 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

Leave a Reply

*