SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

VT484 が USB ブート出来なくなった状態で OS を入れなおしたときのお話

leave a comment

VT484 をまっさらの状態から復旧しようとしていた時に、USB メモリから一切ブートができなくなってしまいました…。
おそらく、UEFI で「Clear Secure Boot keys」実施してからだと思うのですが、USB メモリの回復ドライブから一切起動できなくなってしまいました。
# VT484 の回復ドライブの内容がいまいちだったようでパーティションがうまく構成されなくて四苦八苦していた時にやらかしたと思います。

ということで ISO を使って OS を入れなおしたときのお話を。

USB メモリからは起動できなくなってしまったのですが、DVD のメディアブートはできるような状態でした。
ということで、ZALMAN の ISO をマウントできる VE400 を使用して、リストアしてみました。

VT484 はファームに Windows 8.1 のプロダクトキーが埋め込まれているので、Windows 8.1 のメディアがあれば、プロダクトキーの入力は不要でインストールをすることができます。

そこで、MSDN の Windows 8.1 with Update (multiple editions) (x86) – DVD (Japanese)  の ISO を VE400 の ISO マウントを使用して起動し、インストールを実施して OS の回復を実施しました。

USB ハブを VT484 に接続して、VE400 と USB キーボードを接続して初期インストールを実施し、VT484/22K のデバイスドライバー をインストールすることで、クリーンインストールですべてのデバイスを使用できる状態にすることができます。

その後、Windows 10 のメディア作成ツール で、Windows 10 Home の無償アップグレードを実施することで、Windows 10 へアップグレードすることができました。

ISO からのメディアブートができる資材がないと積みそうですので、UEFI の設定、あまりいじらない方がよさそうですね…。

Written by masayuki.ozawa

8月 10th, 2015 at 9:32 pm

Posted in その他

Tagged with

Leave a Reply

*