SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Database v12 の列ストアインデックスについて

one comment

SQL Database v12 では、列ストアインデックスが利用できるようになりました。
What’s new in the Latest SQL Database Update V12 (preview)

SQL Server 2014 で追加された更新可能な「クラスター化列ストアインデックス」を SQL Database v12 でも利用することができます。

CREATE CLUSTERED COLUMNSTORE INDEX (Transact-SQL)

列ストアインデックスを利用することで、検索やデータの大量挿入のレスポンス向上が望めます。
主要なデータ型がサポートされているので、BLOB 等を使用しなければ適用できるのですが、SQL Database v12 では、Premium でのみこの機能を使用することができます。
# 「一意の制約、主キー制約、または外部キー制約を含めることはできません。 」も注意点ではありますが。

注意点としては、

Easier management of large databases to support heavier workloads with parallel queries (Premium only), table partitioning, online indexing, worry-free large index rebuilds with 2GB size limit removed, and more options on the alter database statement.

Breakthrough performance with support for in-memory columnstore queries (Premium tier only) for data mart and smaller analytic workloads.

 

があります。

残念ながら列ストアインデックスはパフォーマンスレベルが Premium でないと使用することができません。
Standard でも使用できるとよかったのですが…。

並列クエリと列ストアについては使用できるパフォーマンスレベルが制限されていますので、注意しておきたいですね。

Written by masayuki.ozawa

2月 3rd, 2015 at 12:03 am

One Response to 'SQL Database v12 の列ストアインデックスについて'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'SQL Database v12 の列ストアインデックスについて'.

  1. GrayRecord Spaces Edition でリブログしてコメントを追加:
    SQL Database v12では列ストアインデックスが使えるようになり有用度が増した。これにより、データベースの規模が大きい場合のカードが増えた。逆に言えば、設計時にそういった観点も含めて設計を行わないとパフォーマンスは出ないということだ。もう、機能がないのでという逃げ口上は使えないということでもある。

    相当ご~ん

    6 2月 15 at 10:15

Leave a Reply

*