SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server 2014 CU5 の SSMS の SQL Database v12 対応は英語版に限定されているようです

leave a comment

SQL Server 2014 CU5 の SSMS で SQL Database v12 対応がされたことについていくつかアナウンスがされています。
# ちなみに v12 のコードネームは Sterling だそうです。

SQL Server 2014 Management Studio – updated support for the latest Azure SQL Database Update V12 (preview)

これらについては、CU5 のリリースノートにも記載がされています。
2014 の SQL Server 用の累積的な更新プログラム パッケージ 5

3708148
Sterling での機能のオブジェクト エクスプ ローラーには、次のノードが追加されます。

  • ストレージ ([データベース] ノード)
  • アセンブリ (データベースのノード プログラミング->)
  • 規則 (プログラミング-> データベース ノード)
  • 既定値 (-> のプログラミングのデータベース ノード)
  • 計画ガイド (-> プログラミングのデータベース ノード)
  • シーケンス (-> プログラミングのデータベース ノード)
  • 集計関数 (関数-> のデータベース ノード)
  • アプリケーション ロール (セキュリティ ロール->-> データベース ノード)
  • ユーザー定義のオブジェクト型 (CLR の型) (-> 型-> のプログラミングのデータベース ノード)
  • XML スキーマ コレクション (-> 型-> のプログラミングのデータベース ノード)

SQL サービス

英語版の SSMS で接続をすると以下のように今回のアップデートが利用できるのですが、日本語版の SSMS で接続した場合には、従来通りの内容となっていました。
imageimage

英語版だけしか対応していないのかなと思って、Connect でフィードバックしてみたところ、

Thank you for submitting this feedback. Unfortunately, CU5, like most Cumulative Updates, is English only.

 

との回答をいただくことができました。
CU5 で追加されたものが使えるのは、現状英語版だけのようですね。

Written by masayuki.ozawa

12月 22nd, 2014 at 3:50 pm

Posted in SQL Database

Tagged with

Leave a Reply

*