SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Exchange Online のジャーナル ルールを設定

leave a comment

Office 365 のジャーナル ルールを触っていた際に結構癖があるな~とおもったので軽くまとめてみたいと思います。

TechNe で該当する箇所は、ジャーナル になるかと思いますが、Exchange Online アーカイブ・コンプライアンス機能 活用ガイド のほうがわかりやすいかもしれないですね。

Office 365 の機能は、オンプレミスのものと合致することが多いので必要な情報探すのが大変ですね…。

ジャーナル ルールの設定は Exhcange 管理センターの [コンプライアンス管理] → [ジャーナル ルール] から設定することができます。

image

ジャーナル ルールを設定する場合には、[配信できないジャーナル レポートの送信先] (代替ジャーナリング メールボックス) を指定する必要があります。
image
代替ジャーナリング メールボックスを指定していないとルールの作成時に以下のエラーとなります。
image

えろす師匠 のメールは監視しないと危険なので、えろす師匠 が送信したメールを同一のサブスクリプション内のメールボックスにジャーナリングするルールを作成してみます。
image

そうすると以下のようなエラーとなります。
image

JournalEmailAddress として指定できるのは、メール ユーザー、メール連絡先、または外部アドレスだけです。

これは、えろす師匠 が禁則文字等いうことではなく、ジャーナルの仕様のようで、ジャーナル先は外部を使用する必要があるようです。
冒頭に紹介した活用ガイドには以下のような記載があります。

【重要】Office 365 メールボックスをジャーナリング メールボックスに指定することはできません。

ただし、メールボックスが社内サーバーと Office 365 に分かれて格納されているハイブリッド展開を実行している場合には、社内メールボックスを Office 365 および社内メールボックスのジャーナリング メールボックスとして指定することができます。

教えていただいた情報ですが、
Exchange ライセンスに関するよく寄せられる質問 (FAQ)

アーカイブ目的として、ジャーナリングやトランスポート ルールを使って Exchange Online メールボックスにメッセージをコピーすることはできますか。

いいえ、できません。二重配信を目的として、ジャーナリング、トランスポート ルール、自動転送ルールを使って Exchange Online メールボックスにメッセージをコピーすることはできません。メッセージを保存するには、ユーザーのコンテンツにインプレース保持を適用するか、外部のジャーナル ターゲットに対してメッセージをジャーナリングする必要があります。

Office 365 における保持ポリシーを活用したメールのアーカイブ方法

現在、BPOS では Exchange Hosted Archive (EHA) を利用でき、EHA を BPOS のジャーナリング機能または社内ジャーナリングとともに使用することで、各トランザクションを取得してアーカイブにコピーを配置することができます。これにより、メッセージは転送時にコピーされるため、企業では、ユーザーがメッセージを削除した場合でもそれらのメッセージを検出することができます。ただし、Office 365 では、これらの機能を組み合わせて使用することはできません。ジャーナリングとアーカイブの両方を利用できますが、Office 365 テナント内のアカウントへの自動ジャーナリングまたはジャーナリングは許可されていません。許可されていないという場合、技術的には実行できますが、私が話をした数人のマイクロソフト従業員によると、サポートされておらず、いつでも提供を中止する権利を有しているということです。

ともあるようです。
えろす師匠  のあれなメールがジャーナリングできないのは社会的に困りますね…。

 

ハイブリッド展開をした場合は異なるようですが、Office 365 のみを利用している場合、Office 365 のメールボックスを指定することはできないようですね。

これは他のサブスクリプションの Office 365 のメールアドレスも同様のようで、Office 365 で使用されているドメインにはジャーナルを送信できないようです…。

ジャーナルとして設定できるのは、

  • メールユーザー
  • メール連絡先

image

のような、メールボックスを持たない時テナント内の受信者と、ジャーナルルールに直接メールアドレスを入力した、外部アドレス (ただし他テナントを含む Office 365 のメールアドレスは除く) になるようですね。

メール連絡先を利用して、

  • メールユーザー → 外部アドレスとして自テナントのメールボックスを持つユーザーを指定

としようとしても、メール連絡先の作成時に、プロキシアドレスのエラーが発生してしまい、設定をすることができません。

プロキシ アドレス "SMTP:journal@xxxxxxx.onmicrosoft.com" は、"Journal" のプロキシ アドレスまたは LegacyExchangeDN によって既に使用されています。別のプロキシ アドレスを選択してください

  • メールユーザー → 外部アドレスとして他テナントのメールボックスを持つユーザーを指定

のメールユーザーを作成し、そのユーザーをジャーナルの転送先として指定した場合には設定をすることができますが、このような設定をしてもジャーナルのメールをうまく送ることができませんでした。

現状、ジャーナルのメール送信先としてかんたんに設定できるのは、

  • 外部メールアドレスを登録したメール連絡先
  • ジャーナルルールに外部メールアドレスを指定

という 2 パターンとなるのでしょうか。

Live Mail などはジャーナルの送信先として設定できますので、えろす師匠 が頻繁に送信しているであろう、あかんメールを Master Eros に送信した場合などのメール取得ができるようになります。
image

オンプレの Exchange のジャーナリングは自サーバーのメールボックスが可能でしたが、Office 365 をハイブリッド展開していない場合、自テナント内のメールボックスを使用してジャーナリングすることってできないんですかね…。

インプレース保持 ほどリッチな機能は必要なく、ただジャーナルによりとっておけばよいという場合もあるとは思うのですけどね。
インプレース保持は Exchange Online Archiving (EOA) for Exchange ServerExchange Online (プラン 2) になっちゃいますし。

Written by masayuki.ozawa

10月 5th, 2014 at 3:49 pm

Posted in Office 365

Tagged with

Leave a Reply

*