SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

AlwaysOn 可用性グループをテンプレートから展開してみる

leave a comment

先月の Azure のアップデートで SQL Server 2014 の AlwaysOn 可用性グループの環境がポータルからテンプレート展開できるようになりました。
Microsoft Azure ポータルのギャラリーで SQL Server AlwaysOn テンプレートを提供開始
SQL Server AlwaysOn Offering in Microsoft Azure Portal Gallery

image

テンプレート展開の流れを軽く見てみたいと思います。

AlwaysOn の環境は以下のような構成で構築がされます。
image

入力する項目としては以下の項目になります。

入力画面 入力項目 入力内容
Create SQL Server AlwaysOn Resource Group リソースグループ名
  USER NAME Administraotr のユーザー名
  PASSWORD 上記ユーザーのパスワード
  CONFIRM PASSWORD パスワードの確認
SQL Server settings HOST NAME PREFIX 仮想マシンのホスト名のプリフィックス
  AVAILABILITY GROUP NAME 可用性グループ名
  Set up availability group listener リスナーのセットアップを行う
  AVAILABILITY GROUP LISTENER NAME 可用性グループリスナー名
  PRICING TIER SQL Server の仮想マシンのインスタンスサイズ
  FILE SHARE WITNESS ファイル共有監視のインスタンスサイズ
  Use The Administraotr password SQL Server のサービスアカウントに Administrator のパスワードを使用する
  SQL SERVER SERVICE ACCOUNT SQL Server のサービスアカウント名
(ドメインユーザーとして作成)
  PASSWORD 上記ユーザーのパスワード
  CONFIRM PASSWORD パスワードの確認
OPTIONAL CONFIGURATION
(DOMAIN Join)
HOST NAME PREFIX 仮想マシンのホスト名のプレフィックス
  FOREST ROOT DOMAIN NAME ドメイン名
  PRICING TIER AD DS の仮想マシンのインスタンスサイズ
OPTIONAL CONFIGURATION
(VIRTUAL NETWORK)
NAME 仮想ネットワーク名
  ADDRESS SPACE CIDR BLOCK 仮想ネットワークの IP レンジ
OPTIONAL CONFIGURATION
(STORAGE ACCOUNT)
STORAGE 使用するストレージアカウント
  PRICING TIER 冗長化設定
  DIAGNOSTICS 診断の設定
OPTIONAL CONFIGURATION
(DIAGNOSTICS)
  診断の設定
SUBSCRIPTION   利用するサブスクリプション
LOCATION   環境を配置するリージョン
     
     

imageimageimageimageimageimage

これらの項目を設定することで可用性グループが設定された SQL Server の環境が作成されます。

作成されるリソースとしては、

  • リソースグループ (すべてのリソースがリソースグループに配置される)
  • 仮想ネットワーク (仮想マシンはこの仮想ネットワークに配置される)
  • 仮想マシン
    • AD DS 環境構築済み仮想マシン × 2 (AD DS 用可用性セット (AS-DC) に配置される)
    • SQL Server EE インストール済み仮想マシン × 2 (SQL Server 用可用性セットに配置される)
    • ファイル共有監視用仮想マシン

が作成され構成されています。

作成の流れとしては、

  1. 仮想ネットワークの作成
    1. サブネットとして、AD DS 用サブネット / SQL Server 用サブネットを作成
    2. AD DS #1 / AD DS #2 の IP を DNS として設定
  2. AD DS #1 用仮想マシンの作成
  3. ドメインコントローラーとして構築
  4. AD DS #2 用仮想マシンの作成
  5. 追加のドメインコントローラーとして構築
  6. SQL Server 用仮想マシン #1 とファイル共有監視用仮想マシンの作成
  7. SQL Server 用仮想マシン #2 の作成
  8. クラスターの構築と AlwaysOn 可用性グループの設定

のような流れで実施されているかと。

リソースグループとして、関連するリソースがまとめられていますので、環境を削除する場合はリソースグループを削除すると一括で削除できます。

Written by masayuki.ozawa

9月 28th, 2014 at 6:20 pm

Leave a Reply

*