SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SYSVOL 共有の複製を DFS の管理コンソールで確認 (2012 R2)

leave a comment

ドメインコントローラーでグループポリシーの設定等を格納している SYSVOL 共有ですが、Windows Server 2008 以降のドメインコントローラーでドメインを初期構築した場合や 2003 からの移行をした後に FRS から DFS へ移行 (【Windows Server 2008】 Sysvol 複製を FRS から DFSR に移行するには Dfsrmig.exe コマンドを使用する) した後は、DFSR が使用されています。

以前、SYSVOL 共有の複製設定を DFS の管理コンソールで確認 で書いたこともあるのですが 2012 R2 でもSYSVOL 共有の複製の確認を DFS の管理コンソールで実行することができるのでメモとして。

DFS の管理コンソールとして、[DFS の管理]、コマンドツールとして [dfsrdiag] がありますが、AD DS をインストールした状態では、使用することができません。

これらのツールは、リモート サーバー 管理ツールのファイルサービスの中の DFS 管理ツールをインストールすることで使用できるようになります。
image

DFS の管理を起動すると DFS-R の設定状況を確認することができます。

image

SYSVOL 共有については [Domain System Volume] というレプリケーション グループで設定が行われていることが確認できます。
image

DFS-R のマニュアル同期については How to force DFSR SYSVOL replication – Windows Server 2012 and 2008 R2 に書かれている dfsrdiag で実行することができます。

dfsrdiag syncnow /RGName:”Domain System Volume” /Partner:OTHER_DC /Time:15 /v

 

PowerShell で実行する場合には、以下のようコマンドレットになります。

Sync-DfsReplicationGroup -GroupName "Domain System Volume" -SourceComputerName "AD-01" -DestinationComputerName "AD-02" -DurationInMinutes 15

 

DFS の管理からは状態レポートが出せますので、dcdiag /test:DFSREvent でのテストのほかにこれも覚えておくとよいかもしれないですね。

image

Written by masayuki.ozawa

7月 27th, 2014 at 9:15 pm

Posted in Active Directory

Tagged with

Leave a Reply

*