SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Windows Server 2012 R2 で GUI でライセンスサーバーを指定した場合の反映タイミング

leave a comment

HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetServicesTermServiceParametersLicenseServersWindows Server 2012 / 2012 R2 ではワークグループ環境の場合、 Windows Server 2012 リモート デスクトップ環境の構成について に記載されているように WMI やレジストリをからリモートデスクトップサービスの設定を行うことができます。

ドメインに参加している場合は、サーバーマネージャーからリモートデスクトップサービスを開き、展開プロパティの編集からライセンスサーバーを設定することができます
imageimage

ここで、接続デバイス数/接続ユーザー数とRD ライセンスサーバーを指定することができるのですが、展開プロパティの編集だけでは、ライセンスサーバーが設定されるということはないようです。

ここで設定した内容ですが、[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows NTCurrentVersionTerminal ServerTSAppAllowList]の [LicensingType] と [LisenceServers] に設定が反省されるまでとなっており、[HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetServicesTermServiceParametersLicenseServers] のレジストリ等への反映はこのタイミングでは行われていないようでした。

ライセンスの設定ですがコレクションを作成したタイミングで RD セッション ホスト サーバーに反映されるようでした。
image

最初、これがわからずに、展開プロパティの編集から設定してもなんで RD ライセンス診断機能から確認しても、ライセンスサーバーが設定されておらず、追加したライセンスが有効にならないのだろうかとはまってしまいました…。

Written by masayuki.ozawa

5月 16th, 2014 at 12:29 pm

Leave a Reply

*