SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

[SQL Server 2014 CTP2]メモリ最適化テーブルに移行するための 3 つのアドバイザー

leave a comment

SQL Server 2014 の SSMS ではメモリ最適化テーブルへ移行するためのアドバイザーとして AMR (Analysis / Migration / Report) ツールが提供されています。

image

このツールはパフォーマンスデータコレクションの機能として実装されており、管理データウェハウスのレポートで [トランザクション パフォーマンス分析の概要] から表示することが可能です。
image

CTP1 から AMR ツールが含まれており、このツールはメモリ最適化テーブルへ移行した際の効果を予測するために使用することができましたが、CTP2 ではテーブルとストアドプロシージャを移行するための 2 つのアドバイザーが追加されています。

imageimage

これらを使用することで、移行に伴う問題を確認することができます。
image

メモリ最適化テーブルを既存のシステムに適用したい場合にはこれらのアドバイザーはかなり便利かと思います。

IIS のセッション DB を移行しようとしてみたところ BLOB が使われていたので、単純に移行することはできませんでした。B-Win さんの事例でセッション管理 DB への適用があったかとおもいますがこの辺をどのように対応したのかが気になりますね。
# 独自のセッションプロバイダーだったりするんですかね??

細かな内容については インメモリ OLTP への移行 を参照するとよいかと。

Written by masayuki.ozawa

10月 23rd, 2013 at 12:05 am

Posted in SQL Server

Tagged with ,

Leave a Reply

*