SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

インプレースアップグレードした 2012 R2 で WMI のエラーが頻発していました

3 comments

検証環境のホスト OS の Windows Server 2012 を Windows Server 2012 R2 にインプレースアップグレードをせっせと実施していました。

アップグレード自体は問題なく終了したのですが、イベントビューアーを見たらアプリケーションに以下のエラーが 11 秒間隔で出力されていました。
# ソース : WMI / イベント ID : 10
image

クエリ "SELECT * FROM __InstanceOperationEvent WITHIN 10 WHERE (TargetInstance ISA ‘Msvm_ExternalEthernetPort’) OR (TargetInstance ISA ‘Msvm_VmLANEndpoint’) OR (TargetInstance ISA ‘Msvm_SyntheticEthernetPort’) OR (TargetInstance ISA ‘Msvm_ComputerSystem’) OR (TargetInstance ISA ‘Msvm_VLANEndpointSettingData’)" のイベント フィルターを名前空間 "//./root/virtualization" 内で再度使用できませんでした。原因はエラー 0x80041010 です。問題が解決されなければ、このフィルターではイベント表示できません。

 

さて、何だろうと思って調べていたところ、以下の情報が。
Windows Vista Service Pack 1 または Windows Server 2008 をインストールした後に、アプリケーション ログにイベント ID 10 が記録される
Event ID 10 is logged in the Application log after you install Service Pack 1 for Windows 7 or Windows Server 2008 R2

上記の KB は WMI へのアクセス権の修正になるようなのですが、これは該当していないようでした。

続いて調べてみたところ以下の情報が。
Problem with CPU load and WMI errors when Hyper-V is installed?

こちらはドライバーの入れ替えになります。
検証環境は NEC の gt110b を使っており、オンボードの NIC は Intel の 82574L が使用されています。
この NIC のドライバーを Intel のサイトから適用可能な最新のドライバーに入れ替えたところエラーが発生しなくなりました。

検証時に提供されていた最新のバージョンである 18.6 の PROSet ではインストールができなかったため、18.5 を使用しています。

PROSet のインストール時に NIC を Hyper-V で使用していると、インストールができませんので仮想 NIC としては使用しないようにしておく必要があります。
image

インストールが終われば、再度仮想 NIC として登録してもエラーは出なくなるかと思います。

Windows Server 2012 R2 では root/virtualization がなくなっていたかと思いますので、この辺の影響ですかね。
Windows Server 2012 R2 Preview > さよなら rootvirtualization

もしかしたら、ドライバーをインストールしなくても仮想 NIC の再作成でも対応できるのかもしれませんが。

Written by masayuki.ozawa

9月 26th, 2013 at 9:13 am

3 Responses to 'インプレースアップグレードした 2012 R2 で WMI のエラーが頻発していました'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'インプレースアップグレードした 2012 R2 で WMI のエラーが頻発していました'.

  1. Windows8.1(マザーASUS P8Z68-V, Core i7-2600, Hyper-Vインストール済)ですが、何もしていないときでもCPU負荷が常に15%近く食ってしまっていて、困っていました。タスクマネージャーでみても「サービスホスト」というシステムが食ってることしか分からず。
    イベントビューアーで約10秒おきに同様のWMI のエラーメッセージが出ているのが確認できたので、もしやと思いこの記事の通りにIntel のLANドライバ(Intel LAN Driver V18.5.54.0 for Windows Win8.1 32bit & Win8.1 64bit—(WHQL))をASUSサイトからダウンして更新したところ、ピタリとエラーが止まり、CPU負荷も2~3%に落ち着きました。
    まさかLANドライバが原因だとは思いつかなかったので助かりました!

    hiroz (@hiroz)

    21 12月 13 at 22:36

  2. 自分の環境でも同様の問題が発生していて悩んでいたのですが。
    どんなドライバーを入れてもHyperVがインストールされている限りエラーの発生が止まらなかったのですが(HyperVをアンインストールすれば止まりました)以下のサイトで
    「ドライバをインストールする時に、Intel PROSet Monitoring Serviceを有効にすると再発するよ」と書いてあるのに気が付き、これをサービス設定から無効にした所改善しました。
    どうやらこれは、ドライバの問題というよりもIntel PROSet Monitoring ServiceとHyperVとの競合が問題のようですね。

    BABO21

    28 5月 16 at 14:48

  3. BABO21

    28 5月 16 at 14:50

Leave a Reply

*