SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Windows 8.1 / Windows Server 2012 R2 が TechNet / MSDN サブスクリプションで提供開始されました

leave a comment

本日、TechNet サブスクリプション / MSDN サブスクリプションで Windows 8.1 と Windows Server 2012 R2 の提供が開始されました。

この投稿を書いている時点では、

■WIndows 8.1

  • Windows 8.1
  • Windows 8.1 Language Pack

■WIndows 8.1 Embedded

  • Windows Embedded 8.1 Industry Enterprise
  • Windows Embedded 8.1 Industry Pro

■Windows Server 2012 R2

  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Storage Server 2012 R2 and Windows Server 2012 R2 Foundation
  • Windows Server 2012 R2 Essentials
  • Microsoft Hyper-V Server 2012 R2
  • Windows Server 2012 R2 Language Pack

が提供されているようです。

既にリリースノートも公開されているようですね。
Release Notes: Important Issues in Windows 8.1
Release Notes: Important Issues in Windows Server 2012 R2

Preview の時に 1 時間以内に無効にしないと Sysprep が失敗する件やCopyProfile = True を設定していた場合の注意事項が消えていますのでこの辺は対応されたようですね。
# 8.1 で試したところ、1 時間超えた環境でも Sysprep できました。Pre-staged app cleanup を確認したら無効になっていたので、この辺の初期設定変わったんですかね。

 

Windows 8.1 に関してはマルチエディションとなっていますが、Core (無印) と Pro を含んだものとなっており、現状は Enterprise Edition は含んでいません。
また、製品はリテール版相当となっていますので、企業内向けの検証をする際には製品の種別を意識しておく必要があります。
# Core エディションは VL 版はないのでこのメディア形式だとリテール版以外はないはずですが。
複数のエディションが混同しているメディアですので、インストール時には指定したプロダクトキーに応じたエディションがインストールされます。

Windows Server 2012 R2 に関してもリテール版相当となっているようなのでプロダクトキーの認証回数の上限には注意をしておく必要がありそうです。
こちらについてもインストール時に指定したプロダクトキーによりエディションが設定されます。
# この辺は 2012 も同様ですね。VL 版だとエディション選択が表示されると思いますが。

8 Pro から 8.1 Pro へのアップグレードについて確認する必要があったのでここだけ確認をしてみたのですが、メディアからアップグレードしようとした場合にはプロダクトキーの入力が必要となるようです。
プロダクトキーを入力すればインプレースアップグレードを実施することが可能です。
imageimage

Windows 8 から 8.1 へのアップグレードについては無償というアナウンスが以前よりされています。
現状はまだ提供されていないので、想像になりますが、この無償アップグレードについてはインストールメディアからでなく、Windows ストア等からインストーラーを入手してアップグレードする必要がありそうですね。

企業内でのアップグレードを検証するためには、今回サブスクリプションで提供されたメディアではなく、無償アップグレードに対応したシナリオで実施できる環境が整うまで (ストア等からの提供) 待つ必要がありそうです。
また、無償アップグレードができるということは端末利用者に管理者権限を付与している場合にアップグレードができてしまうということになりますので、この辺のシナリオも意識をしておいたほうがよさそうですね。

Enterprise Edition 等 の VL のメディア (8 Pro VL / 8 Enterprise / 2012 R2 VL) についてはリテール版ではないため、プロダクトキーの入力は不要 (デフォルトが KMS クライアント)、マルチライセンス認証キー (MAK / KMS) になっているはずですので、認証回数の上限はリテール版よりは多少緩和されるかと。
# VL 版でも認証回数の上限はありますが。

また、これらのエディションではデフォルトが KMS クライアントのものに設定されているはずですので、KMS ではなく MAK で運用する場合にはインストール後にプロダクトキーを設定しておく必要があります。

Windows 8 では VL の MAK はコマンドで (slmgr) で設定する必要がありましたが、Windows 8.1 では、

  • エクスプローラーから PC を右クリックして、プロパティを開く
  • 右下の [Windows ライセンス認証] をクリック
    image
  • [キーの入力] からプロダクトキーを設定
    image

でプロダクトキーを GUI で設定することができますので、Windows 8.1 Enterprise Edition が提供された場合にもこの方法で MAK の設定ができるかなと思います。
# 投稿を書いている時点では Enterprise Edition が提供されていないので検証できていませんが。

Written by masayuki.ozawa

9月 10th, 2013 at 8:32 am

Leave a Reply

*