SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Windows 8 Pro と Enterprise の Sysprep 後のスタート画面

leave a comment

Windows 8 Pro と Windows 8 Enterprise の CopyProfile の動作の違いについて少しまとめてみたいと思います。

Windows 8 Pro / Enterprise ともにデフォルトのスタート画面は以下のようになっていると思います。
image

ここでピン止めを外して以下のようにしてみます。
image

この状態で CopyProfile を有効にした応答ファイルを使用して Pro / Enterprise でSysprep を実行してみます。
# CopyProfile については CopyProfile を使って既定のユーザー プロファイルをカスタマイズする方法 参考

<?xml version=”1.0″ encoding=”utf-8″?>
<unattend xmlns=”urn:schemas-microsoft-com:unattend”>
<settings pass=”specialize”>
<component name=”Microsoft-Windows-Shell-Setup” processorArchitecture=”amd64″ publicKeyToken=”31bf3856ad364e35″ language=”neutral” versionScope=”nonSxS” xmlns:wcm=”
http://schemas.microsoft.com/WMIConfig/2002/State” xmlns:xsi=”http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance”>
<CopyProfile>true</CopyProfile>
</component>
</settings>
</unattend>

Sysprep 後のスタート画面が以下になります。
左が Pro、右が Enterprise です。

imageimage

両方とも同じ応答ファイルを使用しているのですが、Pro の場合は Sysprep 後にスタート画面が初期状態に戻ってしまいます。
設定が移行されていないのはスタート画面になるようでプロファイルのコピーは行われているため、Pro でも以下のように CopyProfile によってプロファイルに依存するような設定についてはコピーされています。
image

これですが以下の現象に当てはまるようです。
Windows 8 Start Screen Customization with MDT

You can only customize the Start Screen layout for Windows 8 Enterprise or domain-joined Windows 8 Pro machines.

Windows ADK によるイメージの作成手順

Windows 8 Enterprise のユーザー プロファイルは、標準イメージ展開後に作成される全てのユーザー環境に反映されます。Windows 8 Pro のユーザー プロファイルは、展開後のコンピューターがドメイン参加後に作成されるユーザー環境に対して反映されます。

スタート画面をカスタマイズする方法

カスタマイズした AppsFolderLayout.bin ファイルを Windows イメージの既定のユーザー プロファイルにコピーすることで、Windows 8 Enterprise、Windows Server 2012、またはドメインに参加している Windows 8 Pro を実行する PC のスタート画面をカスタマイズすることができます。

試してみた感じでは、ドメイン参加の有無にかかわりなくプロファイルのコピーはされているが、スタート画面のレイアウトが Pro の場合はローカルアカウントだと初期状態になり、ドメインユーザーでログインした場合にはプロファイルのコピー元と同様のスタート画面のレイアウトが使用されるというような動作となっているようでした。

ドメインユーザーでログインすると以下のようにプロファイルのコピー元と同じスタート画面のレイアウトとなります。
image

スタート画面のカスタマイズはエディションによって動作が異なるようですので、展開時にはどのユーザー (ローカル / ドメイン) で使用されるのかは気にかけておくとよさそうですね。

OEM ベンダーはスタート画面をカスタマイズしているので、適切なツールがあればこの辺もカスタマイズできるのかもしれないですが調べるのは少し手間取りそうですね。

追記
Windows 8 Proでデフォルトプロファイルをカスタマイズした時のスタート画面 でワークグループ環境のスタート画面をカスタマイズする方法が紹介されていました。
ドメイン参加したユーザーの appsFolder.itemdata-ms / appsFolder.itemdata-ms.bak をコピーするとよいのですね。
なるほど~。

Capturing and Restoring a Windows 8 Start Screen Tile Lineup も参考になりそうです。

Written by masayuki.ozawa

6月 3rd, 2013 at 12:51 am

Posted in Windows Client

Tagged with ,

Leave a Reply

*