SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Surface RT で SSMS を使ってみる

one comment

まずは画像を。

image

こちらの画像は Surface RT の Windows RT で SQL Server 2012 の SSMS を実行しているものになります。

といっても Windows RT は実行できるアプリはストアアプリに限定されているので、Surface RT で SSMS を動作させているわけではありません。

以前投降した、SSMS を RemoteApp で使ってみる の方法を使って Windows Azure の仮想マシン (VMs : Virtual Machines) 上にインストールされている SSMS を Windows RT のリモートデスクトップでリダイレクトしています。

Azure の VMs では以下のようなリモートデスクトップの接続ファイル (.rdp) をダウンロードすることができます。

full address:s:xxxxxxxx.cloudapp.net:000000
username:s:Administrator
prompt for credentials:i:1

 

このファイルをテキストエディタで開き、以下のように書き換えます。

full address:s:xxxxxxxx.cloudapp.net:00000
username:s:Administrator
prompt for credentials:i:1
remoteapplicationmode:i:1
remoteapplicationname:s:SQL Server Management Studio
remoteapplicationprogram:s:C:Program Files (x86)Microsoft SQL Server110ToolsBinnManagementStudioSsms.exe
drivestoredirect:s:*
audiomode:i:0

 

リモートからのアプリケーションを許可するために以下のレジストリも変更しておきます。
[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows NTCurrentVersionTerminal ServerTsAppAllowList]
[fDisabledAllowList] : 1 (REG_DWORD)

コマンドで実行する場合には

reg add "HKLMSOFTWAREMicrosoftWindows NTCurrentVersionTerminal ServerTsAppAllowList" /v fDisabledAllowList /t REG_DWORD /d 1 -F

というように実行してアプリケーションの実行を許可しておきます。

これで VMs 上にインストールされているアプリケーションを RemoteApp でリダイレクトすることができます。

Hyper-V 上の Windows Server 2008 R2 でリモート オーディオ再生を使用 の設定を使用することでオーディオリダイレクトをすることができますので、音を出すこともできるかと。

先ほど書き換えを行った RDP はローカルディスクのリダイレクトとオーディオをローカルで再生するように設定していますので、ファイルの保存等も対応できるかと。

Windows RT ではデスクトップ版と Windows ストア版の Remote Desktop クライアントを実行することができ、RD Gateway 経由でも接続できますので、リモートデスクトップの接続は柔軟にできるかと思います。

Windows RT のコントロールパネルには RemoteApp とデスクトップ接続がありますので RemoteApp を利用したアプリケーションの利用は意識されていそうですね。
image

Written by masayuki.ozawa

3月 16th, 2013 at 2:53 pm

Posted in Windows RT

Tagged with ,

One Response to 'Surface RT で SSMS を使ってみる'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'Surface RT で SSMS を使ってみる'.

  1. […] RT で SSMS を使ってみる […]

Leave a Reply

*