SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Exchange Server 2013 のエッジトランスポートの役割について

leave a comment

時間を見つけて Exchange Server 2013 を触ろうかなと考えている今日この頃です。

まずは、Exchange Server 2013 でエッジトランスポート (Edge Transport) の役割がどういう状況になっているのかを確認してみたいと思います。

投稿を書いている時点の内容ですので今後変わるかもしれませんが。
Exchange Server 2013 ではサーバーの役割が 2007 /2010 から変わり

  • メールボックス
  • クライアントアクセス

の 2 種類になっています。

image

Exchange 2003 までと似たような感じでしょうか。

Exchange 2007 / 2010 では境界ネットワーク (DMZ) に配置して、外部と内部に配置している Exchange との中継をするためにエッジトランスポートというワークグループ構成のサーバーを配置することができました。
現時点の Exchange Server 2013 ではこのエッジトランスポートの役割は提供されていません。

日本語の情報としては以下の情報があります。
Exchange 2013 プレビューにおける従来のエッジ トランスポート サーバーの使用

英語版の情報を確認すると Preview がついていませんので製品版 (RTM) でも同様の扱いとなっています。
Use an Edge Transport Server in Exchange 2013

2013 ではエッジトランスポートの役割は提供されていませんが、2007 / 2010 のエッジトランスポートを利用することが可能なようで、これらのバージョンの EdgeSync を 2013 でも利用することができるようです。
# 2013 のメールボックスサーバーがインストールされている環境に 2007 / 2010 のエッジトランスポートをインストールすることもできるようですね。

2013 でエッジトランスポートの役割が提供されていないことは海外でも話題になっているようですね。
Exchange Server 2013 Server Roles

メールはあまり得意ではないのですが、ここまでちょいちょい Exchange を触ってきてはいたので、時間を見て少しは最新バージョンを見ていきたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

12月 3rd, 2012 at 2:41 am

Posted in Exchange

Tagged with

Leave a Reply

*