SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Windows Server 2012 で WSFC が構築可能なエディションについて

leave a comment

Windows Server 2012 は今までのバージョンとエディション構成が異なっており、

  • Standard
  • Datacenter
  • Essentials
  • Foundation

の 4 種類のエディション構成となっています。

Windows Server 2012 の購入方法

上記の情報に書かれているように

Standard エディションは、Datacenter と同じエンタープライズ クラスの機能を提供します。これらの 2 つのエディションの違いは仮想化権限だけです。

Standard と Datacenter エディションの違いは仮想化のライセンスになります。

そのため、Windows Server 2008 R2 までのエディションによる機能差はなくなっています。
Windows Server 2008 R2 エディションの違い

Windows Server 2008 R2 までは Standard Edition ではフェールオーバークラスタリング (Windows Server Failover Clustering : WSFS) の機能を利用することができませんでした。
image

Windows Server 2012 ではこの制限がなくなっているので Standard Edition でフェールオーバー クラスタリングを有効にすることができます。
image

SQL Server の場合、SQL Server 2005 以降は Standard エディションで 2 ノードクラスターを構築することができます。

Microsoft クラスタ リング用の Microsoft SQL Server サポート ポリシー

OS : Standard Edition + SQL Server : Standard Edition でクラスターが構築できるようになりますので、2 ノードであれば今までのバージョンと比較して、ソフトウェアのライセンス費用を抑えることができそうですね。

Written by masayuki.ozawa

9月 17th, 2012 at 2:46 pm

Leave a Reply

*