SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

ゲスト OS の MAC アドレスの重複と VMSMP の警告について

leave a comment

検証をしていて、あるタイミングから急にネットワークが不安定になってしまいました。
ゲートウェイに対して PING が通ったり通らなかったりと。

なんでだろうと調べていたところ、あるサーバーのイベントビューアーに VMSMP の警告が出力されており、出力されていた内容としては、仮想NICにIPを割り当てると、イベント28(警告)ソース「VMSMP」が発生する と同じ内容でした。
この警告が発生しているホスト上のゲスト OS では、Cluster Validation fails “Validate Cluster Network Configuration” Test with Error 80070005 というクラスター構築時の CPrepSrv の問題も発生していたりと。
# 一般化した Sysprep を実行している環境なので、Failover Clustering Error 80070005 の DCOM の問題かもと思ったのですが、他にクラスターが組めている環境があったのでこの線で考えるのも厳しいのかなと感じていました。

警告のメッセージでは MAC アドレスに関しての内容でしたので、Hyper-V の仮想ネットワーク マネージャーで各ホストの MAC アドレスの範囲を確認していたところ、とあるホスト同士で同じ MAC アドレスの範囲が設定されていました。
image

問題が発生するタイミングとしては、特定のゲストを起動したタイミングで現象が発生するというところまではつかめていたので、該当のゲスト OS を確認したところゲートウェイのゲスト OS と同一の MAC アドレスが設定されており、MAC アドレスの重複が起因してネットワークが不安定となっていたようでした。

MAC アドレスが重複しないように範囲を変更し、すでに MAC アドレスが設定されている NIC に関しては一度、静的な MAC アドレスとして重複しない値に変更をしたところネットワークの不安定さが解消しました。

原因がなかなかわからずに半日ぐらい考えてしまったのでメモとして残しておきたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

8月 22nd, 2012 at 7:10 pm

Posted in Hyper-V

Tagged with

Leave a Reply

*