SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SCCM 2012 のインストールメモ

one comment

SCCM 2012 をインストールした際のメモを。

Always on the clock さんの SCCM 2012 のインストール
高添はここにいます さんの 超簡易版 System Center Configuration Manager 2012 RC インストール手順

を参考にさせていただきました。
ひとめでわかる System Center 製品みたいな書籍でないですかね~。

  1. Active Directory ドメインに SCCM 2012 サーバーを参加
    ドメインの機能レベルは 2003 以降である必要があります。
  2. .NET Framework 3.5 SP1 のインストール
    SCCM 2012 をインストールするための前提となる、Windows Server 2008 R2 を使用しているのでサーバーマネージャーから機能の追加でインストールを行います。
  3. .NET Framework 4.0 のインストール
    SCCM 21012 の管理コンソールを実行す売るために、.NET Framework 4.0 をインストールします。
    Microsoft .NET Framework 4 (スタンドアロンのインストーラー)
    Microsoft .NET Framework 4 Full 日本語 Language Pack (x86/x64)
  4. SQL Server のインストール
    SQL Server のシステム要件を満たす SQL Server をインストールします。
    今回は、SQL Server 2008 R2 SP1 CU6 をインストールしています。
    SCCM 2012 のインストール時に SQL Server の Express Edition をインストールすることもできるようですね。

    機能はデータベースエンジンと管理ツールをインストールしています。
    image
    SQL Server の照合順序は [SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS] を設定しています。
    image
    この段階では各サービスは [Local System アカウント]、SQL Server の管理者は [BUILTINAdministrators] にしています。

  5. SQL Server のファイアウォール例外の設定
    TCP 1433 : SQL Server / TCP 4022 : SQL Broker Service をファイアウォールの例外として許可します。

    netsh advfirewall firewall add rule name="SQL Server" protocol=TCP dir=in localport=1433 action=allow
    netsh advfirewall firewall add rule name="SQL Broker Service" protocol=TCP dir=in localport=4022 action=allow

  6. SQL Server のメモリの設定
    SQL Server として、SCCM の中央管理サイトとプライマリサイトでは 8GB 以上、セカンダリサイトでは 4GB 以上のメモリが推奨されています。
    SQL Server の min server memory は明示的に設定するのが推奨されるため、min server memory を設定しておきます。
    また、上限が制限なしは推奨されないため max server memory も設定をします。
    image
  7. BITS のインストール
    サーバーマネージャーから BITS をインストールします。
    image
    IIS では追加で、[IIS6 WMI 互換] をインストールします。
    image
  8. RDC (Remote Differential Compression) のインストール
    サーバーマネージャーから RDC をインストールします。
    image
  9. WSUS の管理コンソールのインストール
    自宅の環境には WSUS が既に構築済みなので、WSUS 本体ではなく管理コンソールをインストールしています。
    管理コンソールのみをインストーする場合は、WSUS 3.0 SP2 のインストーラーをダウンロードし、[WSUS30-KB972455-x64.exe /q CONSOLE_INSTALL=1] でコンソールをインストールします。
  10. スキーマ拡張
    SCCM 2012 用に AD のスキーマ拡張を行います。
    SCCM 2007 R3 用の情報ですがこの技術情報の内容が参考になります。
    ExtADSch.exe を使用した Active Directory スキーマの拡張方法
    SMSSETUPBINI386ExtADSch.exe を実行します。
    # x64 の AD 上で実行する場合は、SMSSETUPBINx64ExtADSch.exe を実行します。
  11. サイトサーバーのアクセス権設定
    AD の [System] コンテナーの下の [System Management] コンテナーに SCCM のコンピューターアカウントのふるっコントロールを付与します。
    image

以上で前提チェックを満たすための設定が完了です。
image

SCCM 本体はプライマリサイトとしてインストールをしています。
# ドメインの Administrator でログオンしてインストールを進めています。

SCCM の必須ファイルをダウンロードする場合はインターネットに接続できている必要があります。
必須ファイルは特定のディレクトリに保存できますので、インターネットに接続ができない環境でインストーする場合は事前にダウンロードしておく必要があります。
今回は HTTPS を使用しなくても通信ができるようにしています。SCCM の導入時には AD CS の導入も検討したほうが良さそうですね。

imageimageimageimageimageimageimageimageimageimage

imageimageimageimageimageimageimageimageimageimage

インストーラーを起動していたユーザーが管理者になりますので、そのユーザーで SCCM のコンソールを実行すると管理コンソールが開けます。
image

前提条件を満たしてしまえばインストールはスムーズにできると思いますが最初はなかなか道のりが長いですね。

Written by masayuki.ozawa

5月 13th, 2012 at 11:50 pm

Posted in System Center

Tagged with

One Response to 'SCCM 2012 のインストールメモ'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'SCCM 2012 のインストールメモ'.

  1. […] 参考サイト:SE の雑記 – SCCM 2012 のインストールメモ […]

Leave a Reply

*