SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Windows Server 8 Beta のクラスター対応更新を実行

one comment

Windows Server 8 Beta (Windows Server 2012) にはクラスター対応更新 (CAU : Cluster-Aware Updating) の機能が追加されています。
クラスター対応更新に関するテクニカル プレビュー

今回の投稿ではこの機能を試してみたいと思います。

■オーケストレータのインストール


クラスター対応更新はオーケストレータが各ノードへのインストールを指揮しながら更新プログラムの適用を行います。
オーケストレータは Windows 8 CP / Windows Server 8 Beta にインストールすることができます。

Windows 8 CP にオーケストレータをインストールする場合は Remote Server Administration Tool (RSAT) をインストールする必要があります。

現在、RSAT は英語版しか提供されていないため、Windows 8 CP の日本語環境に RSAT をインストールする場合は、英語の言語パックを追加する必要があります。
imageimage
imageimage 

英語の言語パックをインストールしてから RSAT をインストールすると、スタート画面に [管理ツール] が表示され、[Cluster-Aware Updating] を起動することができます。
imageimage

Windows Server 8 Beta にオーケストレータをインストールする場合は、サーバーマネージャーから [フェールオーバー クラスタリング ツール] を追加することでインストールすることができます。
imageimage

■クラスター対応更新の実行


それでは実際にクラスター対応更新を実行してみたいと思います。
現在は、各ノードに空の役割を一つずつ割り当てています。
image

今回はクラスターのノードではない Windows Server 8 Beta でクラスター対応更新を実行しています。
クラスター対応更新は AD に対して問い合わせを行うため、クラスターで使用しているドメインのドメインユーザーでログインをする必要があるようです。

今回は各ノードの Administrators グループに登録してある Domain Users のユーザーでログインしています。
image

クラスター対応更新を起動すると AD から情報を取得し、クラスターのコンピューター名 (CNO : Cluster Name Object) を選択することができます。
# コンピュータアカウントの SPN に [MSServerCluster] が設定されているかで判断しているようです。
image

クラスターに接続をするとノードの状態を確認することができます。
image

[このクラスターの更新プログラムをプレビューする] をクリックすると各ノードで必要となる更新プログラムを事前に確認することができます。
image

[このクラスターに更新プログラムを適用する] をクリックするとクラスター対応更新を使用した更新プログラムの適用が行えます。
処理を実行するための PowerShell も表示されるので、最近の Windows の管理ツールの流れがくみこまれているようですね。
imageimage
imageimageimageimage

ノードに更新プログラムがインストールされる前に、そのノードで起動していた役割は他のノードに移動させて、自動的に再起動まで実施するようです。ノードが一時停止の状態だと適用に失敗するようでした。
# 私の環境だと再起動に失敗してしまいましたが…。ファイアウォールを無効にしたところ正常に再起動がされました。TCP のハイポート (1024~65535) を開けばよいようなのですが、これだと範囲が広いですよね…。
image

image

[Configure cluster self-updating options] を使用することでクラスター対応更新をクラスターリソースとして登録することもできるようです。

imageimageimageimageimageimageimage

この操作を実行するためにクラスターのコンピューターアカウント (CNO)  で AD にコンピューターアカウントを作成する権限が必要となるようで、Account Operators に CNO を追加するか、制御の委任で Computers にコンピューターオブジェクトの作成権限を付与する等の対応が必要になってきます。

作成した CAU のリソースですがクラスターの管理コンソールでは表示されないのですが、コマンドで確認すると登録がされていました。
# Network Name ではなく、Distributed Network Name として登録されているようですね。
image

細かい挙動はこれから確認する必要がありますが有効に活用できればパッチ適用を効果的に行えそうな新機能ですね。

Written by masayuki.ozawa

5月 1st, 2012 at 12:17 pm

One Response to 'Windows Server 8 Beta のクラスター対応更新を実行'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'Windows Server 8 Beta のクラスター対応更新を実行'.

  1. […] 前回 Windows Server 8 Beta のクラスター対応更新を実行 […]

    Windows Server 8 Beta のクラスター対応更新のオーケストレータからの再起動について « SE の雑記

    3 5月 12 at 12:53

Leave a Reply

*