SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Windows AIK を使用しない Windows To Go 環境の作成

one comment

Windows 8 CP では USB から Windows を起動する Windows To Go という機能を使用することができます。

通常は、Windows AiK を使用してインストールメディアの WIM ファイルを IMAGEX で USB メディアに展開し、BCDBOOT を使用して BOOT に必要な情報を書き込むことで Windows To Go の環境を構築するかと思います。
# 以下のようなコマンドを使用して、 USB にイメージを展開するかと思います。

diskpart
select disk xx
clean
create create part primary
format fs=ntfs quick
active
exit
imagex.exe /apply D:sourcesinstall.wim 1 E:
bcdboot.exe E:windows /s E:

今回の投稿では WAIK を使用しないで Windows To Go の環境を作成したいと思います。

■パススルーディスクを使用して Windows 8 CP をインストール


今回は WAIK を使用しないで Hyper-V のゲスト OS に USB ハードディスクをパススルーディスクとして接続をして、Windows 8 CP をインストールしています。

環境としては

  • Hyper-V 2.0
  • 2.5 インチ SATA ハードディスク (80GB)
  • USB ハードディスクケース (玄人志向 GW2.5AI-SU2)
  • Windows 8 Consumer Preview x86

を使用しています。

物理ハードウェアに USB ハードディスクを接続して、そのハードディスクにインストールをしようとした場合はインストール先として指定することができませんが、Hyper-V 2.0 のゲスト OS の IDE コントローラーに USB ハードディスクをパススルーディスクとして接続をした場合は、USB ハードディスクに直接インストールをすることができます。
image
image
image

パススルーディスクとして接続をした USB ハードディスクを選択してインストールを進めたところ正常にインストールをすることができました。

ただし、この USB ハードディスクを使用して、起動しようとするとエラーとなり正常に起動することができません。

パススルーディスクとして接続をしているゲスト OS 上で、Sysprep を実行し、Sysprep による初期化処理を USB ハードディスクで起動した状態で実行させることで、Windows To Go の環境として使用することができるようになります。

手順としては

  1. Hyper-V のホスト OS に USB ハードディスクを接続してオフライン状態にする
  2. オフライン状態の USB ハードディスクをパススルーディスクとして設定したゲスト OS を作成
  3. パススルーディスクに設定したゲスト OS に Windows 8 CP をインストール
  4. ゲスト OS で一般化した Sysprep を実行してシャットダウン
    # シャットダウンをする Sysprep で実行すると良いかと思います。
  5. Hyper-V のホスト OS から USB ハードディスクを取り外す
  6. 物理端末を USB ハードディスクから起動する

という手順を実行することで WAIK を使用しないで USB ハードディスクを使用した Windows To Go を試すことができるかと思います。

私の環境で試したところ

  1. ThinkPad x201i
  2. LOOX U B50
  3. LOOX U G90

で同じ USB ハードディスクを使用して起動することができました。
# 異なるハードウェアで実行する場合、初回の起動時にデバイスの認識がされるようです。

Hyper-V のゲスト OS に USB ハードディスクをパススルーディスクとして認識させることができますので、ゲスト OS に WAIK がインストールされている環境がある場合は、IMAGEX を使用した WIM ファイルの展開による Windows To Go 環境の作成もゲスト OS を使用して試せるかと思います。

今回紹介したパススルーディスクを使用した Windows To Go の環境作成ですが Windows Server 8 Beta でも使用することができました。Windows Server 8 Beta も Windows To Go で起動できるんですね。

Written by masayuki.ozawa

4月 28th, 2012 at 9:24 pm

One Response to 'Windows AIK を使用しない Windows To Go 環境の作成'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'Windows AIK を使用しない Windows To Go 環境の作成'.

  1. Windows AIK を使用しない Windows To Go 環境の作成 « SE の雑記…

    素敵なエントリーの登録ありがとうございます – .NET Clipsからのトラックバック…

    .NET Clips

    30 4月 12 at 23:17

Leave a Reply

*