SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Windows Server 8 Beta に Endpoint Protection をインストール

one comment

Microsoft が提供しているウイルススキャンソフトとして Endpoint Protection があります。

Windows Server 8 Beta に Endpoint Protection をインストールする場合、二種類の方法があります。

  1. Forefront Endpoint Protection (FEP) 2010 をインストール
  2. System Center Endpoint Protection (SCEP) 2012 をインストール

FEP 2010 をインストールしようとした場合、対応の OS でないためにインストールで弾かれてしまいます。
image

FEP 2010 については互換性モードを [Windows 7] にすることでインストールをすることができます。
image
image

System Center Endpoint Protection 2012 に関しては互換性レベルを変更しなくてもインストールをすることができました。
image

Windows Server 8 Beta は検証環境でしか使っていないですが、ウイルススキャンソフトを入れないでノーガードにするのもよろしくないので、SEP 2012 で保護したいと思います。
# Endpoint Protection もいろいろとブランド変わりますね…。

Written by masayuki.ozawa

4月 17th, 2012 at 10:41 pm

One Response to 'Windows Server 8 Beta に Endpoint Protection をインストール'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'Windows Server 8 Beta に Endpoint Protection をインストール'.

  1. サードパーティー製のWindows Server 2012用ウイルス対策ソフトがなかなか登場しないので、検索していたら貴殿の記事が見つかり、非常に参考になりました。こういう方法があったとは・・・という感じです。SecurityCenter2012を試そうと思ったら、ドメインログオンが必要だとか、SQLサーバーを要求されたり・・・非常に困ってました。ありがとうございます。

    ふじぼー

    5 12月 12 at 11:07

Leave a Reply

*