SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Office 365 の利用を想定した Exchange のスキーマ拡張について

leave a comment

Office 365 でディレクトリ同期をする場合、オンプレミスの AD の属性が同期されます。

ディレクトリ同期により同期されたユーザーの属性は Office 365 のコントロールパネルや Exchange Online のコントロールパネルからは変更することができなくなります。

Office 365 では Exchange のスキーマ拡張により拡張された属性の一部が使用されており、Exchange を導入していない環境ではスキーマ拡張により拡張される属性が変更できなくなります。
例えば、msExchHideFromAddressLists という属性は Exchange のスキーマ拡張により拡張されるアドレス帳に表示しないように設定するための設定になりますが、ディレクトリ同期により同期されたユーザーに関しては Exchange のコマンドレットを使用して Office 365 上のデータを直接修正できないため、Exchange のスキーマ拡張を実施していない AD の環境では同期ユーザーについてはアドレス帳に非表示するということが出来なくなります。

同期されている属性に関しては以下の技術情報が参考になります。
Office 365 に同期した属性値のリスト、および オンプレミスのActive Directory Domain Services に書き戻された属性値のリスト

SR に確認をしたところ Exchange Server 2010 の評価版メディアを使用してオンプレミスの AD のスキーマ拡張を実施するのはライセンスを保有していなくても実施しても良いとのことでした。

Exchange のスキーマ拡張を実施していれば、ADSI エディターを使用して属性を修正することで Exchange 向けの設定を使用することができるようになりますので、Exchange 以外のメール環境を使用していた場合にはスキーマ拡張を手動で実施することも視野に入れた方が良さそうですね。

Written by masayuki.ozawa

4月 3rd, 2012 at 7:15 pm

Posted in Office 365

Tagged with

Leave a Reply

*