SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

SQL Server の AFT の対応状況について

leave a comment

SQL Server の Advanced Format Technology (AFT) の対応状況についてのメモとして。

HD の大容量化により 4KB セクターのディスクを使用する機会も出てくるかと思います。
Windows Server 2008 R2 では 512e (512KB セクターにエミュレーション) が使用されてアクセスされると思うのですが SQL Server の対応状況について調べてみました。

OS の対応状況については
Windows のドライブのセクター サイズが大きいのマイクロソフトのサポート ポリシーの詳細について
に記載されています。
Windows Vista 以降では 512e によるアクセスが可能となっているようですが、Winodws 7 / Windows Server 2008 R2 では以下の修正プログラムの適用が推奨されているようです。
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 と Advanced Format Disk の互換性を向上させる更新プログラムを入手できます

Vista / 2008 用の修正プログラムも提供されているようでした。
高度なフォーマットのディスクに Windows Vista と Windows Server 2008 の互換性を向上させる修正プログラムのロールアップ

Winodws 8 CP の互換性ドキュメントにマトリックスが書かれているのでこの情報が参考になりそうです。
Windows 8 Consumer Preview and Windows Server 8 Beta Compatibility Cookbook

SQL Server としては SQL Server 2008 R2 で 512e への対応がされているという記載があります。
Microsoft SQL Server 2008 R2 SP1 Release Notes

Support for 512e Drives. SQL Server now correctly detects and supports hard drives with the new 512e format. These drives report 512 byte logical sector sizes, but they are formatted internally using 4KB sectors. When SQL Server 2008 R2 SP1 is installed on Windows Server 2008 R2 or higher, we will correctly detect these drives and adjust automatically.

ブログでもこの辺りは紹介されていますが英語なので読めていません…。
SQL Server – New Drives Use 4K Sector Size

SQL Server 2008 R2 SP1 CU4 で 512e 周りの修正が入っているようなので、最新の修正プログラムは適用しておいたほうがよさそうですね。
FIX: Error 9013 when you try to start the SQL Server services after you apply SQL Server 2008 R2 SP1 for SQL Server 2008 R2

4KB ネイティブでのアクセスに関しては Windows 8 で対応されるという話もありますが、現在は Beta / Consumer Preview の製品ですので今後の動向はウォッチする必要があります。
大容量ディスクとセクター サイズ拡大に対応する Windows 8

AFT を使用する場合、OS としてのサポートだけでなくアプリケーション側のサポート状況についても気にしておく必要が出てきそうです。

ネットワークとハード系は苦手なのですが基本的な内容だけは把握していかないとダメですね~。

Written by masayuki.ozawa

3月 12th, 2012 at 8:30 am

Posted in SQL Server

Tagged with

Leave a Reply

*