SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Office 365 と Windows Live の連携

leave a comment

Office 365 の SharePoint Online と Lync Online は外部ユーザー (組織外のユーザー) と連携することが可能です。

組織外のユーザーですが Office 365 や設置型のサーバーを持っていないといけないかというとそういうことはありません。
Windows Live ID を使用して Office 365 のユーザーと連携することが可能です。

今回はこの点についてまとめてみたいと思います。

■SharePoint Online と Windows Live ID ユーザーとの連携


外部ユーザーを招待するためにはポータルからサイトコレクションの管理にアクセスをして、設定の外部ユーザーの管理から外部ユーザーを許可する必要があります。
image

この設定を有効にすることで各サイトのサイトの設定から、サイトコレクションの機能として [外部ユーザーの招待] をアクティブ化することができるようになります。
image

これらの設定をしておくと、[サイトの操作] → [サイトの共有] から Windows Live ID のユーザーを招待することが可能となります。
imageimage

 

招待されたユーザーにはメールが送信されますので、そのメール内の URL から Office 365 の SharePoint Online のサイトにアクセスすることが可能です。
image

この時に使用できる ID ですが、Microsoft Online Services ID と Windows Live ID の ID の 2 種類となるのですが Windows Live ID には制限があります。
Microsoft SharePoint Online for Enterprises Service Description.docx に以下のように記載されています。

· お客様は現在、Office 365 の次のメジャーアップデートまでは、50 ユーザーを超える 1,000 ユーザーまでの外部共有については追加の PAL を取得する必要はありません。ただし、Office 365 の次のメジャーアップデート時には、マイクロソフトは有償のアドオンとして利用できるようにする場合があります。

· マイクロソフトでは、招待された外部ユーザーが Microsoft Online Services ID を使用してサービスにサインインする操作をサポートしています。

外部共有では、@Live.com、@Hotmail.com、および @MSN.com ユーザー名を含む Windows Live ID と、LiveID ユーザー名の各国で使われているドメインもサポートされています。

外部ユーザーがビジネス電子メールアドレス (例: user@contoso.com) を LiveID システムに関連付けるのを可能にする、LiveID の一部である EasiID は、現時点ではサポートされていません。

Windows Live ID は企業で使用しているメールアドレスで取得 (EasiID) することができますが、この ID では招待されたサイトにアクセスすることができません。
# フェデレーション ID やクラウド ID として Office 365 が利用できるようになっている場合は可能かと思いますが。

Windows Live ID を使用する場合は、live.com (live.jp のような各国のドメイン含む) や hotmailcom のユーザーの必要があります。

2012/5/11 追記

SharePoint Online の 2012 年 2 月のサービス更新 で外部共有で使用できるアドレスの制限が解除され、live.com のような ID だけでなく EasiID もサポートされるようになりました。
これにより、企業のメールアドレスを Windows Live ID として登録しておけば SharePoint Online の外部共有の機能が使用できるようになりました。
# EasiID で SharePoint Online にアクセスする場合は初回は live.com 等のアドレスと同様で、Windows Hotmail のアイコンになります。

 

live.com や hotmail.com の場合、フェデレーション ID を使用した認証と同じような画面遷移になります。
imageimage

これらのドメインに関しては Windows Live で認証されてから Office 365 にアクセスがされるため、外部ユーザーとして SharePoint Online にアクセスが可能となるようです。
少し見づらいのですが、こちらが Windows Live ID を使用して招待された Office 365 の SharePoint Online にアクセスした画面になります。
image
ユーザー名が @live.jp になっているのが確認できます。

Office 365 の SharePoint Online では外部ユーザーを招待することが可能ですのでプロジェクトで企業間で連携をしなくてはならないときなどには有効な情報連携の手段となりそうですね。

標準で 50 PAL が含まれているので 50 ユーザーまでは招待が可能なようです。
# 現状はプレビュー中の機能であるため 1000 ユーザーまで追加できるようですが。

テナントごとに 50 PAL が含まれています。現在の “機能プレビュー” では、追加の PAL を必要とすることなく最大 1,000 の外部ユーザーの使用権が許可されています。マイクロソフトは、Office 365 の次のメジャーアップデート時に、50 を超える追加の PAL に対する課金を請求する権利を保有しています。

■Lync Online と Windows Live ID との連携


続いては Lync Online の連携について。

Lync Online はパブリック IM の機能を有効にすることで Windows Live ID を使用する Windows Messanger と連携することが可能です。

パブリック IM の有効化はポータルから行うことができます。
image

この機能を有効にすることで Windows Live Messanger と連携することが可能です。
左が Lync Online / 右が Windows Messanger になります。

image

パブリック IM を有効にすることで Lync Online のユーザーと Windows Messanger のユーザーが会話することが可能になります。
# Lync Online をフェデレーション ID で使用している場合は、フェデレーション ID で Windows Live ID を取得していないと Windows Messanger から招待することができずうまく動作しないことがありました。

Windows Phone の Lync と Windows Messanger で会話することも可能です。
image

Office 365 は WIndows Live  ID と連携ができますので情報の共有という際にはこれらの利用も考慮すると用途の幅が広がりそうですね。

Written by masayuki.ozawa

1月 8th, 2012 at 5:31 pm

Posted in Office 365

Tagged with

Leave a Reply

*