SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

App Controller で Azure にデプロイ

leave a comment

App Controller を使用すると管理ポータルを使用しなくても Windows Azure 上にデプロイすることが可能です。

今回は App Controller でデプロイする手順を見ていきたいと思います。

■App Controller から Azure にデプロイ


それでは、App Controller から Azure にデプロイをしてみたいと思います。

  1. ポータルにアクセスをして、Cloud から、登録した Azure のサブスクリプションを選択して [Deploy] をクリックします。
    image
  2. [HOSTED SERVICE] の [Configure] をクリックして、ホステッドサービスの設定を行います。
    image
    image

    今回は既存のホステッドサービスを選択していますが、新規に作成することも可能です。
    image

  3. [DEPLOYMENT] の [Configure] をクリックして、デプロイのプロパティを設定します。
    image
    image
    OS のバージョンとステージング / プロダクションの設定をこの画面からすることが可能です。
  4. [PACKAGE] の [Select a package] をクリックして、Azure Storage 上に保存しているパッケージを選択します。
    image
    image
  5. [CONFIGURATION] の [Select a configuration] をクリックして、Azure ストレージ上に保存している構成ファイルを選択します。
    image
    image
  6. 必要に応じて [ROLE] のリンクをクリックして、インスタンス数の調整やリモートデスクトップのユーザーの設定を行います。
    image
    image
  7. 設定が完了したら [Deploy] をクリックします。

デプロイをすると、Jobs にデプロイのジョブが登録されます。
image

デプロイの状況に関しては、[Services] から確認をすることが可能です。
# Status が Running になっていても管理ポータル上ではデプロイ中だったりするようですが。
image

停止、削除も App Controller から実施することが可能です。
# Delete は Stop をしてからでないとできないようです。

VIP のスワップに関しては、[Upgrade] から実施をするようです。
image
image

管理証明書の管理についても App Controller 上から可能なようですね。
image

Azure への接続はインターネット越しになりますので、Azure 用の接続にはプロキシの設定も可能なようになっています。
プロキシは、[Settings] の [Connection] から [Windows Azure] を選択して、[Properties] から設定可能です。
image
image

Windows Azure の管理ですが、[management.core.windows.net] に接続をして行われているようです。
接続先の情報に関しては、データベースのテーブル上に設定がされており、[CloudSystemEntities] のデータを書き換えることで接続先の変更が可能なようです。
image

FGCP/A5 Powered by Windows Azure もこの情報を変更することで管理ができるかもしれないですね。

管理ポータルでできる主要な操作に関しては App Controller を使用して操作が出来そうな感じです。

Written by masayuki.ozawa

11月 13th, 2011 at 11:00 pm

Leave a Reply

*