SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

App Controller で SCVMM 2012 と Azure を管理対象として追加

leave a comment

インストールが終了したので、SCVMM 2012 と Windows Azure を App Controller に管理対象として追加してみたいと思います。

■プライベートクラウド (SCVMM 2012) を追加


まずは、プライベートクラウドの管理を見ていきたいと思います。

App Controller では、SCVMM 2012 を管理するのではなく、SCVMM 2012 で作成したクラウドを管理することになります。
そのため、SCVMM 2012 上でクラウドを作成しておく必要があります。

SCVMM 2012 の管理ですが、手早くやるのであれば、

  1. SCVMM 20120 の管理者のメンバーとして、ポータルにログインしたユーザーを追加
    image
  2. SCVMM 2012 のローカルの Administrators にポータルにログインしたユーザーを追加
    image

を設定しておくことで App Controller で管理することができるようになると思います。

1. は App Controller に SCVMM 2012 を追加するための設定となります。
2. は SCVMM 2012 追加時に、ライブラリサーバーに接続する際に使用しているらしい、証明書を App Controller に取り込むための設定となります。

それでは、実際に App Controller に SCVMM 2012 を追加してみたいと思います。

  1. ポータルにログインします。
  2. [Clouds] → [Connect] → [VMM Server] をクリックします。
    image
  3. SCVMM 2012 の情報を入力して、[OK] をクリックします。
    下の画像では FQDN を隠すためにドメイン名を削除してしまっていますが、Server name は FQDN の形式で指定する必要があります。
    image
    FQDN でない場合は [OK] をクリックすることができません。
    image

SCVMM 2012 上で適切な権限が付与されていない場合は、以下のようなエラーになります。
# SCVMM の管理コンソールで管理者としてポータルにログオンしているユーザーを追加していれば正常に追加できるかと。
image

SCVMM 2012 のローカルの Administrators にポータルにログオンしているユーザーを登録していない場合は、SCVMM 2012 の登録はできるのですが、以下のようなエラーが表示されると思います。
image
image

SCVMM のライブラリサーバーの証明書のインポートができずにエラーとなるようです。

証明書のインポートを再度実行したい場合は、[Settings] → [Connections] から SCVMM の接続を右クリックして、[Refresh Certificates] をクリックすることで可能です。
image

処理が正常に終了していると [信頼されたユーザー] の証明書としてライブラリサーバーの証明書が追加されています。
image

SCVMM 2012 上で作成されているクラウドが App Controller に表示され、管理が可能となります。
image

このような画面で Deploy が可能なようです。
image

 

■パブリッククラウド (Windows Azure の管理) を追加


次にパブリッククラウドである Windows Azure の管理を見ていきたいと思います。

App Controller で Windows Azure を管理する場合、管理証明書として登録している証明書の pfx ファイルが必要となりますので、事前に準備をしています。

  1. ポータルにログインします。
  2. [Clouds] → [Connect] → [Windows Azure Subscription] をクリックします。
    image
  3. [Name] / [Subscription ID] / [Management certificate] / [Management Certificate password] を指定して、[OK] をクリックします。
    image

以上で Windows Azure を管理するための設定は終了です。

Windows Azure を追加した画面がこちらになります。
image

 

Azure に Deploy する場合は以下のような画面になるようです。
管理ポータルを介さずに App Controller からデプロイが可能なようですね。
image

Azure を追加すると Azure Storage の操作も App Controller からできるようになります。
image

 

これでプライベートクラウドとパブリッククラウドの管理を App Controller でできるようになりました。

次の投稿では Windows Azure へのデプロイを App Controller を使用して行ってみたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

11月 9th, 2011 at 7:58 pm

Leave a Reply

*